こちら

の続きです。
少し前外食記事が続いてたのは
職場の仲間とのお別れランチが
続いていたからです。
辞めることを話したら
ありがたいことに
たくさんお誘いをいただき
胃が痛いのはもう目をつぶって
毎日毎日いろんな人とランチに行きました。
みんなに話してから
一度も1人のランチはありませんでした。
ただ、みんなでワイワイはコロナ禍なので難しく
人数は2人で、きちんと対策してるお店です。
大好きな同僚さんたちと
毎日会えて話してたのに
これから会えなくなるなんて。
もちろんLINE交換したり
今も連絡取ってる人は3人いますが
やっぱり寂しいです。
学校卒業するような。
なので私の胃が痛かろうと
その人との時間を大事にしたかったんですよね
もちろん量を減らして
胃に配慮はしてましたけど。
でも次の仕事が決まって
辞めることを話して
安心したのか
逆になんだか胃の痛みが
だんだん強くなってきて。
胃薬飲んだだけでは我慢できないくらい。
胃腸科で診てもらったところ
ストレス性の胃炎と診断されました。
有休消化が始まるまでの間
処方された薬を何種類も飲みながら
働いていました。
なかなか良くならないので
先日はお久しぶりの胃カメラまで。
検診でもないのに胃カメラを
受ける日が来るなんて。

結果、炎症のあとは何箇所かあったものの
綺麗な胃腸だと褒められました。
ただ胃下垂なので胃の消化活動が低下しがちに
なるようです。
でも実際私も胃の内部をみて
異常はないことを説明してもらえたので
ほっとして
それからは痛みも少しずつ引いて行き
新しい会社に出社する頃には
なんとかギリギリ治ったかな。
2ヶ月半は完治までかかりましたけど。
胃カメラ自体は健診で前に
鼻からするのが超絶痛かったので
今回は普通に口から。
麻酔をしっかり目にかけてもらい
終わったときに
起こされて気づく、みたいな感じで
痛みはなんともありませんでした。
でも喉に流して留める?
みたいな麻酔を飲み込まないで我慢するのが
強いて言えば辛かったかな
でもほんと!
ストレス性胃炎なんてまっぴら。
週末の夜、お腹が硬くなって
胃痙攣ぽくなったり辛かった( ;  ; )
食いしん坊なのでなかなか治らず
今回の胃痛にはほんと苦しめられました。
逃げるは恥だが役に立つ!
もっと早く逃げればよかったかも。
次回、就活シリーズ最終回です。

Source: キボウノヒカリ~離婚からの日々