keiyaku_keiyakusyo_20210714153539928.png

1日目は無職の洗礼を受けて、僅差で本命だった物件が申込みできず。
かけずり回りながら、何とか1件キープすることができました。

2日目は、家賃3.6万円のA。
少し古くてユニットバスですが、眺望は良さげで、都心に近いメリットがあります。

内覧させてもらいましたが、即却下。
思った以上に古くて、窓枠の木が結構傷んでいます。
直感的にこれは住みたくないと思いました。

その後、追加で内覧予約したEを見に行くことになりました。
家賃は4.4万円。
立地や見た感じは悪くありませんが、1K6畳とやや狭い。
しかもネットの写真を見るに、キッチンスペースが狭く冷蔵庫や炊飯器を置けません。
一応内覧はするけど優先度は低く、この時点で昨日見た下町のD決定と思いました。

が、予想よりだいぶ良かった。
ネットに出てたのは、どうやら別の部屋みたいで、キッチンは十分なスペースがあり。
冷蔵庫や炊飯器置いても、もう少し余裕があります。
収納もそれなりにあって、6畳でもそこそこゆとりあり。

昨日見たDと比較検討。

Dは家賃50,000円ですが、ネット無料で、初期費用も安め。
Eは44,000円ですが、ネット無料はないし、初期費用もDより高い。
トータルの負担は、大差ありません。
地区は違いますが、両者とも都心に近い。

争点は、部屋の快適さか?街の綺麗さか?

Dのほうが部屋が広くて、当初からネットも使えます。
大通りが近いEよりも、静かに暮らせそうでもある。

しかし、E周辺は再開発が進み開けた感じで、新しい大型マンションも多い。
下町のDよりも近くに自然環境もあります。
ファミリー層に人気で、住みたい街ランキングにも入っています。

で迷った結果、Eを選択しました。
実利よりも、ロマンを取ったのかもしれません。

そのまま審査申込み書類を記入。
無職ということもあり、案内にあった月500円程度でいい保証会社ではなく、年1万円の保証会社になってしまいました。
さらに、通帳を要求されたので、その場でネット銀行の200万円の残高証明をメールに添付しました。

2~3日で審査が下りると言われましたが、4時間程度で不動産会社からメール。
審査に通ったので、契約日を決めてくださいと。

残高200万円のパワーか?ソッコーで審査OK。
1日目は少し焦りましたが、無事仙台生活をスタートできることになりました!
Source: Time is money  キムのお金日記