義母の引き出しから、小さな物入が2つ見つかった。
とても古く、中を開けて見たらダイヤの指輪が2個、ダイヤのピアスが1セット、そして誰かの歯が2本・・一緒に入れるて・・どんなセンスしとんねん・・
ほんで誰の歯やねんな・・

夫に言うと「ああ、それ多分もらうやつや」と言う。
え・・ほな・・私への形見分けかい・・
若干キモめのコンビネーション・・何故ココに一緒に入れた・・

夫も「誰の歯かしらんけど、よっぽどダイヤと同じで大切やったんちゃう?」と言う。
多分、歯を一緒に入れている事は忘れていたんじゃないかという推測であるが、今となっては分からん。
誰の歯か分からんが、その指輪を貰って、歯は誰に分ける?
義母にとって、それはとても大切な思い出であったであろうと思うが、2本は同一人物なのか、それとも別々なのか・・
謎の発見である。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記