7/12(月) 9:56″ 配信毎日新聞記事より一部抜粋して以下引用

 経済産業省は12日、原子力や火力、太陽光などの発電コストについて

2030年時点の試算を有識者委員会に示した。

最も安い電源が原発から事業用太陽光に代わった。

 原発は東京電力福島第1原発事故を踏まえた安全対策費の増加など

を反映して、前回15年の試算より1割程度上昇。

1キロワット時あたり「11円台後半以上」となり、政府や電力業界が訴えて

きたコスト面の優位性は揺らぐことになる。

 事業用太陽光は1キロワット時あたり「8円台前半~11円台後半」となり、

全電源の中で最も安くなった。引用終了

 このニュース報道を受けて、今日の株式市場では太陽光発電銘柄が

軒並み上昇しました。

再生可能エネルギーは今のところ太陽光発電しかないと思いますので

折に触れて今後も物色されるのではないかと思います。

1407 ウエストホールディングス
WS000305_20210713190748e57.jpg

3647 ジ―スリーホールディングス
WS000308_20210713190749050.jpg

4651 サニックス
WS000309_20210713190750235.jpg

 実はわたくし、昨日サニックスが安くなったところで1万株ナンピンを

いれたのですが、今日はいきなり利食いゾーンに入って来ましたので

ラッキーでした・・・。

 ということで、いつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!