娘が林間学校から帰って来る前日、学校から「5年生の遠足案内」がメールで送られて来た。
思わず二度見してしまった。
まだ林間から戻っていない日に、もう別の遠足案内で、その参加費用は5千円ほど。
更にそれに完全防水のブーツ、完全防水のコート、完全防水の登山用ズボン&手袋を用意するようにと書かれてあった。
アホか!!これ全部用意したら、ナンボかかんねん!!たった1日の遠足の為に買えてか!!

林間用にジャージやスパッツなど10枚買い足し、さらに今度は完全防水ズボンと来た。
使い回し出来る場所行けよ~・・と思わず突っ込んでしまう。

数日後、この手紙に異議申し立てした保護者がおったはず・・学校から再度連絡があり「防水登山用ズボンが無い人は、スポーツウエア(マラソンランナーなどが着ているような)の速乾性に優れたスパッツでも可能」と追加されていた。
いやいやいや・・書いて来た奴アホか・・マラソンランナーが着てるようなマジのスポーツ用品は高いよ?決して安ないよ?
ほんで誰がそんな本気のヤツ持ってんの・・
結局ナイキとかアディダスみたいなトコで買えっちゅう事なら、かかる金額は同じやん・・・そんなんを持ってへんから異議申し立て来たんちゃうの?

遠足まで4日。
しかしまだ3人しか参加費用を払っていないという事で、ほんまに決行されんのかどうかも分からん、相変わらず準備不足かつ金銭的にギリギリの家庭を全く考えていない提案に失笑である。
しかも今日、学校から「お子さんの書いた絵を1枚1500円で売ります。販売日は〇日と△日と~」とメールが来ていた。
もう「無」の心である。
数年前もこの販売があったが、夫がメルセデスベンツとBMW、妻がアウディとボルボに乗っている夫婦の家庭だけはこの絵を買わなかった。
その絵は今も職員室の横に「売れ残り」として飾られてある。
お金は額縁代と絵具代として学校に変換されるから、決して学校が金儲けの為にやっているのではないが、買わなければ売れ残りとしてずーっと貼り出される事になる我が子の気持ちを考えると買わなしゃーない。
その売れ残りの絵の2人こそ問題児として名高い姉弟である。
そんな事もあり、結局買うのであるが息子が「僕の絵は上手くないから買わなくて良いよお母さん。お金の無駄になるよ」と言ってきた。
「上手いとか下手ではなく、大事な愛するあなたが描いた絵を買いたいだけやねんで、お母さんは」と言っておいた。
子供までが気をもむ1500円絵画販売・・どないやねん・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記