6月27日(日)~29日(火)の2泊3日で、室蘭・登別・支笏(しこつ)湖旅行に行ってきました。
札幌の南側で地区で、比較的近郊で行きやすいので、敢えて取っておいた旅行地でもあります。

3日に分けて、室蘭編、登別編、支笏湖・旅費編と旅行記を書いていこうと思います。

本日は初回の室蘭編。

室蘭へは札幌からバスで約2時間半。
昼に室蘭駅に到着しました。
駅の近くに海があり、船と工業地帯を眺めることができます。

PXL_20210627_031430141.jpg

室蘭の観光地と言えば、複数の岬が有名。
まずは絵鞆(えとも)岬に向かいます。

岬のすぐ近くの小舟という店で昼食。
室蘭名物であるカレーラーメン、やきとりのセットをいただきます。

結論、びっくりするぐらい美味かったです。
カレーラーメンは、辛さの中にも甘みと旨みが感じられるスープに麺がしっかり絡む。
やきとりと言う名前ですが、室蘭では豚肉を使います。
適度な脂身に、甘辛いタレとご飯の組み合わせが最高。
これを食べられただけで、室蘭に来た価値があるなと思うぐらいでした。

PXL_20210627_042321069.jpg

食事後は、すぐ近くの絵鞆岬へ。
青く澄んだ海と空、草木の緑がかなり映えますね。
素晴らしい景色です。

PXL_20210627_044916635.jpg

反対側には、室蘭のシンボルである白鳥大橋が見えます。
夜にはライトアップされるので、そっちも楽しみ。

PXL_20210627_050937487.jpg

もう1つの有名スポットである地球岬へ行きます。

展望台の眼下には、白い灯台。
そして180度に広がる水平線のパノラマ。
名前の通り、地球の丸さを感じることができます。
「北海道の自然100選」で第1位になったのが納得ですね。

PXL_20210627_063211857.jpg

逆側には、山の間から先程の絵鞆岬を見ることができます。
こちらの景色も良かったです。

PXL_20210627_063008203.jpg

一旦室蘭駅のホテルにチェックイン。
近くの老舗天ぷら店の天勝で夕食。
室蘭市民の胃袋を満たしてきた天丼、エビとイカにしっかりと天つゆが染みて、美味しかったです。

PXL_20210627_073936058.jpg

日も暮れてきました。
室蘭は岬と同じくらい、夜景も有名。
祝津(しゅくづ)公園展望に行きました。

少し曇っていましたが、昼間に見た白鳥大橋がライトアップされています。
海を挟んで工場夜景も見えます。

PXL_20210627_110726825NIGHT.jpg

そこから橋の近く、白鳥大橋展望台へ。
こちらの夜景も迫力があって、良かったです。

PXL_20210627_113008453NIGHT.jpg

この日は、ホテルに戻って就寝。
翌朝は、ホテルの和朝食をいただきます。
ホッケ最高です。

PXL_20210627_223251690.jpg

匂いがダメでずっと食わず嫌いだった納豆に、36歳にして人生初挑戦。
やっぱりダメでした・・・
不味いとしか思えません。
残念無念。

次は室蘭駅からバスで、登別温泉に向かいます。
岬や夜景といった素晴らしい景色、飯も美味かったし、いい経験ができました。

PXL_20210628_000417820.jpg
Source: Time is money  キムのお金日記