ドキドキ そして千晶、またドアから中に。
「…ったくもぅ~~。」

巴、和歌葉、
「ぷぷぷぷぷ~~。」

千晶、腕組しながら、
「もぅ…。なんだかな~~。」

和歌葉、
「かかか。でもでも、勇吾、昨日、文歌とデートしてたみたいよ。」

巴もその声に、
「うんうんうん。そうそうそう。和沙さんからライン来た。…で、和沙さん、いいこと言うなぁ~~って。」

千晶、いきなり、
「そうそうそう。勇吾にもようやく春。応援しようじゃないか~~って…。かかかか。」
自分のスマホでラインの画面を3人に見せて…。

巴、
「うんうんうん。それそれ。」

けれども…、その瞬間、巴と和歌葉、急に、体をガックン。

千晶、
「えっ…???」

和歌葉、
「なんで、勇吾と文歌~~。」

巴、
「分っかんないよな~~。もぅっ。…和歌葉~~。」
いきなり和歌葉の左肩を右手でペンと叩いて。
「ないのかよ~~。合コン~~。」

和歌葉、
「いやいやいや。私に…そう言われても~~。その…合コンのセッティングの要が…、相手…、出来ちゃったからね~~。」
口をへの字にして顔を右左に…。

千晶、
「へっ…???そうなの…???合コンのセッティングって、経理の文歌~~???」

和歌葉、
「ふん。そっ。あれでいて、物凄い、コミュニティ旺盛だから…。物凄い顔…広いって…言うか。どんだけいるのよ、あんたの友達~~って、前に言ったとき、あるくらいだから…。」

千晶、茉祐子、
「へぇ~~~~。」
そして、その瞬間、千晶と茉祐子、同時に、
「へっ…???」
共に顔を見合わせて…。
「…んじゃ…、なんで…???」
また千晶と茉祐子、同時に…。

和歌葉、
「えっ…???」

千晶と茉祐子、顔を見合わせて、
「ぷっ。」

茉祐子、
「いやいやいや。文歌…、それだけコミュニティ旺盛って…。なんで、選んだ相手が…勇吾…???」

その途端、千晶、可笑しがって、
「かかかかか。うんうんうん。それそれ。私もそれ、同じ~~~。」

巴、
「かかかか。そっちか…。ふんふんふん。確かに…。…だよね~~。」

千晶、

「…って、遅いわい、来栖~~。」

和歌葉、がっしりと、顔を左に…、
「……………。分かんない。」

千晶、茉祐子、
「ふぅ~~。」

茉祐子、
「ごちそうさまでした。」
両手を合わせて。

「それにしても、羨ましいよね~~茉祐子~~。」
巴。

茉祐子、
「へっ…???なにが…???」

「毎日、美味しいお弁当…作ってもらえて。」

そんな巴の声に和歌葉、
「ねぇ~~~。」

「いやいやいや。だって…。」
キョトンとして茉祐子。

今度は巴も和歌葉も一緒に、ニッコリと笑顔で、
「おかあさんが、料理研究家~~。だも~~ん。ニッ。」
ふたり合わせて頬に人差し指をツンと当てて。

千晶、それを見て、変顔で、
「なに…???」

茉祐子、
「…が、言いたい…???」

そして茉祐子、
「いやいやいや。これも…、おかあさんの仕事のひとつ。その仕事の邪魔は…、私…、出来ないから…。」

和歌葉、
「へっ…???そうなの…???」

茉祐子、
「そうだよ。お弁当作りもしっかりと、おかあさんの仕事。インスタ、上げてるから…。」

途端に和歌葉、
「うそうそうそ。」

巴も、
「えぇぇぇぇぇ…???」

千晶、
「…って、あんたら…、知らなかったの…???マユのおかあさん、インスタでも広告料とかで…。」
茉祐子を見て。

茉祐子、
「うん。企業と直接契約してる~~。」

和歌葉、
「えっ???えっ???」
自分のスマホの画面で…、
「なになに…???なんて検索…???」

巴も一緒になって…。

茉祐子、
「アルファベットで、かおるこくっきんぐ。」

和歌葉、
「か・お・る・こ…。」

茉祐子、千晶と共ににっこりと…。

巴も一緒に入力。

和歌葉、
「わわわわ。あった、あった。へぇ~~。凄~~い。」

巴、
「…って言うか…、何このフォロワー。」

和歌葉、巴の顔見て、
「うそ。」

ふたり…顔を見合わせて、
「32万人~~~っ!!!」

そんな和歌葉と巴を見て茉祐子、テーブルに両手を合わせて着いて、ふたりに丁寧にお辞儀を…、
「お蔭様を持ちまして…。多くの方々に…、愛されております。」

千晶、
「かかかか。うんうん。ほぃほぃ。和歌葉も来栖ちゃんも、よろしく~~。私は薫子さん、インスタ初めてすぐに。ねっ、マユ~~。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.74.   そして千晶、またドアから中に。「…ったくもぅ~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋