ドキドキ 3人共に、改札を抜けて同じホームに。電車は直ぐに。
そして吸い込まれるように3人共に。

まだ夕暮れには早すぎる時間帯、乗客もごくわずか。

自然にドアのすぐそばに…。凛久、そして茉祐子、薫子の順に。
飲んで食べて…、そして殆ど3人共に、特に話もなく…。

動き出す電車。

5分後、徐に茉祐子、眠気が…。
僅かに揺れる電車、その揺れのためか自然に頭が右に…。
頭が右の何かに触れたよう…。一瞬、その感触で茉祐子、
「わっ。」
そして右側の凛久に顔を、
「す、すみません。」
凛久の顔が笑顔に。

凛久、そんな茉祐子に微笑んで首を振る。

そして茉祐子、今度は必然的に左の方に身体が傾き、薫子の右肩に…。

薫子、そんな茉祐子に、
「ふふ、さては…、疲れたな…。」

その声に凛久、にっこりと、
「そのようで…。」
そして、
「先生…、疲れません…???」

薫子、そんな凛久に、
「ふふ。少しだけね…。でも、大丈夫。」

そんな薫子に微笑んで凛久、
「はは。」

そして…。

薫子、
「茉祐子ちゃん、駅…着いたよ。」

その声に茉祐子、
「わっ。」
いきなり後ろを振り向いて、
「あっ、ほんとだ~~。寝てた~~。」
前に向いて両手を上に。

そんな茉祐子に凛久、
「はは。おはよう。」

いきなりその声に驚く茉祐子。
「わっ。」
そして右に顔を…。
「霧…島…さん。」
そして、チロリと舌を…。自然に頭をペコリと…。

薫子、
「さっ、行きましょう。」

茉祐子、
「うん。」

3人共にホームを降りて。

凛久、
「あっ、じゃ、僕は…こっちですから…。」

薫子、
「へっ…???…と、言う事は…。霧島さん。」

「はい。僕は…三丁目ですから…。」

薫子、
「そうだったんだぁ~~。」
そして、
「うん。」
茉祐子、凛久に、
「今日は、ありがとうございました。」

凛久、
「思いっきりの、サプライズでしたね~~。」

薫子、
「ほ~~んと。」
そして、
「じゃ、お世話様~~。」

凛久、
「ありがとうございます。」
そして凛久、ふたりに右手で。

薫子、そんな凛久にお辞儀をして。茉祐子は右手を上げて。薫子と共に前を歩く。

「そっか~~。霧島さんも…、田園調布だったんだ~~。」
茉祐子。

薫子、
「ねぇ~~。」

「おかあさん、知ってたんだぁ~~。」
「うん。ほら、料理教室に、エッセイストの永瀬さん。彼女が見学に来た時、永瀬さんの住まいの事が話に出て、その時…。」

「ふ~~ん。」
「茉祐子ちゃん、さて、帰ったら、何食べるぅ~~???」

その声に茉祐子、
「え~~っとね~~。」

「うそっ。まだお腹に入るんだ~~???」
「かかかか。…多分…、夜になったら…、お腹…空くかも~~。」

「ふん。…だ~~ね。じゃ、スーパー…、寄ってく~~???」
「OK~~。」

駅を出て、ひとり歩きながら凛久、
「しっかし…、まさか…、六条さんのとこで、彼女たちに会うとは…。思いもしなかった。いやいや。」

その時、スマホに着電。
「おやおや。羽田さん。」
そして左耳に…。
「はい、霧島です。お疲れ様です。」

間髪入れずにスマホの向こう、
「もしもし霧島君。私、羽田。ねね、凄いもの見ちゃった。」

その声に凛久、
「えっ…???」

スマホの中の声、
「び~~っくりするよ~~。まさかって思ったから~~。」

凛久、
「えっ…???」
すると、必然的に六条家での薫子の話を思い出し、
「あ~~。もしかして…成宮先生の…。」

そして今度は何かしら、拍子抜けするような侑里の声、
「へっ…???…知ってたんだ…???成宮親子の事…???」

「えぇ…。お昼過ぎに…。」

その声に侑里、
「へっ…???お昼過ぎにって…、どういう事…???」

凛久、歩きながら、
「かかかか。実は…。」

侑里は丁度、由比子と別れての帰宅、リビングに落ち着いたばかりだった。

スマホを耳に、凛久の話を聞く。
「うんうん。ほぅ。六条さん宅で…。うん。…へぇ~~~。かかかか。…で…???…へっ…???うそっ!!!」
いきなり侑里、口に右手を当てて。
「え――――――――っ!!!」
いきなり身体がシャキッと。すると今度は前屈みになって、両膝に両肘を突いて…。
「え―――――っ。じゃ、なに…。私たちと別れてから六条プロデューサーから電話で。」
また身体を起こして、右手で髪を梳くって、今度はソファに背中を預けて。
「へぇ~~~。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.68.   頭が右の何かに触れたよう…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋