ドキドキ 化粧品コーナーの店員から子供を入れて、みんなで写真を撮り、
侑里たちと別れた薫子と茉祐子、
「まさか…、羽田さんと会うなんて。」
「ねぇ~~。びっくり~~。」

薫子、
「もしかして…、また…誰かと、会ったりして…。」

茉祐子、
「うんうんうん。かも~~。天気…いいもん。」

あちらこちらといろいろ見ながら、散歩している風の薫子と茉祐子。

薫子、
「さ~~て、ぶらりと出てきたけど…。茉祐子ちゃん、これから…、何処行く~~???」

その声に茉祐子、
「ん~~~。」
その時、茉祐子のスマホにライン。
「おっと~~。」
そしてスマホの画面を見て、
「はっ…???和沙さん…???珍し…。はぁ~~~あ…???」

その声に薫子、
「ふん…???どしたの…???」

茉祐子、そしてすぐさま、
「う~~~っそ!!!え~~~~???」

薫子、
「なになになに???」

茉祐子、薫子を見て、
「かかかかか。勇吾、ただいま、彼女とデートしてる~~って。」

薫子、茉祐子の声に、
「わお。勇吾君…???あららら、初耳~~。」

茉祐子、
「うん。ほら、前におかあさんに言ったじゃん、勇吾、すんごいサービス旺盛だって。」

「うんうん。」
「それって~~。あいつに、彼女できた…って事~~。」

「あらあらあら。」
「それも…、同じ会社の子~~。」

「へぇ~~。そうなんだ~~。」

「うん。…ただ、部署は違うんだけどね~~。」
そこまで言って茉祐子、
「わっ!!!」

薫子、
「えっ…???」
薫子、変顔で…。

茉祐子、顔を顰めて、
「やっ…ちゃった~~。」

「は…あ…???」

「いやいやいや。こりゃ、和沙さん…、イレギュラー過ぎるよ~~。なんてタイミングだ~~。」
薫子、顔を歪めて、
「どういうこと…???」

茉祐子、口を尖らせて、
「うん。あのね。この事が分かったとき~~、それから勇吾から電話来て~~。絶対に内緒だからな。って…、口酸っぱく…言われちゃったんだよな~~。」

薫子、いきなり、
「かっかかかかか。そうか~~。ん~~、なるほどね~~。…んじゃ、私も…口…チャックしなきゃ…、ならない訳だ~~。かかかか。」

茉祐子、薫子に下唇をビロンと…。
「そういう事~~。」

そしてふたり、共に、
「かっかかかかか。」

今度は薫子のスマホに着メロ、
「おっと~~。今度は私…。」
画面を見ると、
「はい…???六条さん…???」

茉祐子、
「ふん…???」

薫子、画面をスワイプして、
「はい、成宮です。お疲れ様です~~。」

すると、スマホ越しに、
「キャッ、キャッ。バア~~。ハハハハ。」

薫子、
「あ~~、麗奈ちゃ~~ん。かかかかか。こんにちは~~。」

そしていきなり、
「おぅ、お疲れ。私だ。」
スマホの向こう、一颯。

薫子、
「はい。分かっております。」

「暇か…???」

薫子、
「はぁ~~あ…???…かかかか、いきなり…。テレビの刑事ドラマの…誰かさんのセリフ~~。かかかか。」
そして、
「暇って言うか~~。今、出掛け先…ですけど…。」

「おやおやおや。そりゃ、都合がいい。」
「へっ…???」

「今から、ウチ…来ないか…???」
「はい…???六条さんのお宅…???」

その声に茉祐子、
「ん~~???」

「バーベキュ~~。バーベキュ~~。今、美珊が、買い出し行ってるんだ。」

スマホ越しに薫子、
「へぇ~~。バーベキュ~~。」

聞こえた茉祐子、
「わお。凄~~い。」

薫子、
「いいですね~~。」
と、そこまで言って、
「へっ…???…でも、メンバーは…???六条さん、美珊さん…と、麗奈…ちゃん…???」

一颯、下準備をしている2名を見て、
「いやいや、他にゲストもいる~~。ニッシッシッシッシ。」

「あら。随分と賑やか~~。」
そして、
「私も…知っている方…???」

一颯、
「もちろん…。」
そこまで言って、
「ん~~。ひとりは…、たま~~にしか…、会ってないかも…。」

薫子、その声に、
「はあ~~???」

「まっ、でも、来ないと悲しむ人が…とにかくふたりは…いるって事だ~~。かかかか。」

薫子、
「ちょっと待ってね。」
そして茉祐子に、
「六条さんの家で、これから…バーベキュ~~。どうする…???行く…???」

茉祐子、迷わず、
「うんうんうん。もぅ…お昼だも~~ん。」

薫子、
「O~K~~。」
そして一颯に、
「はいは~~い。では…これから伺います~~。茉祐子ちゃんも一緒で~~す。」

一颯、スマホ越しに、
「おぅ~~。おいで、おいで…。じゃ、待ってる。うん。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.60.   散歩している風の薫子と茉祐子。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋