おはようございます。

先週末のNY株式市場は小幅に続伸。昨日閉幕したG7首脳会議は、「中国による台湾侵略への懸念」を明記した共同宣言に対する中国サイドの反応が気になりますが、「財政支援の継続」をはじめ概ねマーケットの下支え色の強い結果に。

よって、本日の日本市場は先週末の日経先物(29,020円 +140)に追随した堅調スタート後、引けにかけては日米中銀会合を前にした利確優位の推移が本命視されます。想定レンジは28,900 ~ 29,200円。※ メジャーSQ通過後かつ週初の特殊需給による乱高下も軽めに警戒。
big (13)

主な決算 :( 引け後)3134 Hamee、3491 GAテック、3665 エニグモ、7777 3D、2345 クシム、4335 ロングライフ、9425 日本テレホン、4666 パーク24、4934 プレミアアンチエイジング

★ 本日の戦略 : FOMC後の上下双方のブレをケア!
FOMCに起因する下振れに備えた「6/16 大引け時点での3割前後の余力確保」、今週の主戦略である28,700円付近までの買い下がりの双方を念頭に攻撃可能枠を設定。 → (1)地合いに左右されにくい下値切り上げトレンドが期待できる銘柄、(2)FOMC後の日経高を追い風としやすい銘柄…のバランス、テーマ性の分散などを意識した押し目買い方針で臨みたいところ。

★☆Sラボ4銘柄+☆ メイコー(6787)も昨日の戦略を継続。

☆ 6787 メイコー 
5/17 2,659円 → 5/28 3,085円 +426 16.0%上昇

先週末引け後に東証1部への指定替えを発表。会員サークルではご提案初日から触れてきた事案ですが、PTSは素直に買い材料視し、3,129円(+167)で取引を終えています。

Mchart-mchart

目先の買い一巡後は3,000円付近を底値圏とした持ち合いに移行 → テクニカル調整を終えた後に上昇模索トレンド再開…の可能性が高いと判断していますが、売買戦略上は 肩の力を抜いて大半を利確優先 → ☆★乗り換え先での更なる利益拡大を計る予定です。

【ウォッチ銘柄】
△▼ 6966 三井ハイテック
22年1月期経常益予想は前期比2倍強の81億円。売り買い双方でケア。ビューティガレージ(3180)、小森コーポ(6349)、クロスプラス(3320)も同様。割り切り買い対象ではMacbee(7095)、イトクロ(6049)、石井表記(6336)、カラダノート(4014)をマーク。

△ 3681 ブイキューブ、3923 ラクス、3915 テラスカイ
昨年後半に飛躍したクラウド関連の主役クラスに持ち直しムードが顕著に。上記(2)対策も念頭に押し目買いスイング狙いで注目。(1)タイプではアウトソーシング(2427)も継続注視。
△ 4936 アクシージア
先週末は前日の決算を嫌気して大幅安。短期的には下値が見えにくいだけに強引な勝負は避けていただきたいものの、業績良化トレンドに変わりはないと判断していますので、下落局面での小口買い下がり、テクニカル改善を待って強気度アップ…が妙手。

『 肌に合うリスクの選択、適応力! 』

では 本日もよろしくお願いします。
  
  
   


Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆