ドキドキ 「もぅ~~。そこが…残念なんだよね~~。」
不貞腐れたような感じの千晶。

そんな千晶を見ながら茉祐子、困ったような顔をして、千晶の頭を撫でながら、
「はいはい。頑張ってみま~~す。」

途端に千晶、
「ほんと…???キャハ。」
いきなり茉祐子を抱き締める。

「いやいやいや。ライチ~~。」
「だ~~って、そうなれば~~。一緒にダブルデート、できんじゃ~~ん。かかかか。」

茉祐子、
「はぁ~~あ…???」

会社に戻っての千晶、茉祐子、
椅子に座って、なんともがっくりしているような和歌葉を見て、
「どしたの…???…和歌葉…???」

隣の巴が、
「さっきから…内線で…。それが終わったかと思ったら、いきなりこの状態。」
両肩をチョコンと上下に…。

茉祐子、
「和歌葉~~???」

すると和歌葉、椅子の背もたれにガクッと背中を…。
椅子がわずかに揺れる。
「やられた…。」

巴と茉祐子、
「は…あ…???」

「文歌のやつ~~。」

「文歌って…、あの…経理部の…???和歌葉と同期の…???」
巴。

和歌葉、言葉なく頭だけカックン。

「…で、何が…やられた…って…???」
「あんのヤツ~~。私に内緒で、友達と一緒に、合コンやったんだって…。」

巴、目をパチっと。
「わおっ。なんで、なんで~~???」

「知らないよ~~。文歌の大学の同期からの誘いだって言ってた。私も文歌の大学の同期は知らないし~~。」

巴、顔をくしゃりと。
「あっ、そっか~~。」

「で…、文歌のヤツ…。彼氏…、ゲットした~~って…。」

その瞬間、千晶と茉祐子、そして巴、
「うそ――――――――っ!!!」

巴、体をグラリと、
「あ~~~んもぅ~~。…で、で…。相手の男子~~???」

その巴の声に和歌葉、今度は椅子から体を起こして、机に左肘を…。
そして左手で頭を掻いて、
「それを聞いて…、この通り、ガックリ…。」

3人、
「えっ…???」

和歌葉、右手で3人を手招き。

3人が和歌葉に…。

和歌葉、
「………。」

途端に3人、
「え゛――――――――っ!!!」

千晶、
「まじで…???」

茉祐子、
「うっそっ!!!」

巴、
「有り得ないでしょ。」

和歌葉、頭を抱えて、
「もぅ~~~。なんでよ~~。」

いきなり千晶、茉祐子、巴、瑛輔の方を凝視。

その視線に気が付いた瑛輔。
「えっ…???えぇぇぇぇぇ…???」

瞬間、3人、思わず腕組みして…。

瑛輔、首を傾げて、
「僕が…、何か…???」
困ったような顔をして…。

そして、ドアを開けて勇吾が…。
そんな勇吾を見つめる3人。

勇吾、
「ふぅ~~。」
席に就いて、
「さてっと…。」

瑛輔、
「先輩、先輩。」

勇吾、
「うん…???」

「さっきから…、茉祐子さんたち…3人…、こっちを…???…僕…、何にもしてないんですけど…???」

その声に勇吾、
「あん…???」
すぐさま千晶達を見て…。そして今度は首を傾げて、
「瑛輔…、おま…、何もしてないんだろ…???」

瑛輔、
「はい。」

「んじゃ、気にする事…ねぇよ。」

千晶と茉祐子、巴の後ろを凛花、
「はい。千晶~、茉祐子~、お疲れ~~。」

2人、
「あっ、お疲れ様です~~、戻りました~~。」

本部長室からは迅が、書類を見ながら、そして凛花に、
「おっと凛花。」

凛花、
「あっ、はい。」

千晶、茉祐子、巴、静かに椅子に座る。

和歌葉、腕組みをして、
「まさかね~~。文歌…、相手が…、勇吾だったとは…???」

「…っというか、勇吾って、文歌の事…知らない…???」
巴。

千晶、
「な~~訳…、ない…。…と、思うけど…。」

茉祐子は茉祐子で、首だけ縦に、
「……。」

和歌葉、
「あ~~~。ショック~~~。」

ドアが開いて、和沙と結月、
「戻りました~~。お疲れ様で~~す。」

そのすぐ次に本部長室から愛耶乃、
「あ~~迅、それから…夕方…、私…、会食入ってるから…。後の事、お願い。」

迅、
「あっ、はい。…で…???」

「うん。鳳出版の社長と、私。それから…TBAの局次長と…。」

迅、
「あ~~、はい。了解で~~す。」

その愛耶乃の声に茉祐子、
「えっ…???…鳳出版…。それに…、TBA…???」

千晶、
「ふん…???どうした…マユ~~???」

茉祐子、千晶に、
「あ~~。ううん。なんでもない。うん。ははは。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.48.   「一緒にダブルデート、できんじゃ~~ん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋