olympic-games-1608127_1280.png

「どうせ中止になっちゃうんだろうな・・・」と腹をくくっていましたが、ここに来てオリンピックやる雰囲気になってきましたね!

賛否両論ありますが、いざやるとなったら思いっきり楽しむのみです。
それを踏まえて、来週から仙台移住までの13週間の予定を立ててみました。

■1・2週目(6月6~19日)

緊急事態宣言中なので、大人しく過ごします。
この期間は、じっくりと基礎づくり。
筋肉、バイト収入、勉強時間をしっかりと溜め込んで、6月下旬から大きく羽ばたけるようにしたい。

■3週目(6月20~26日)

感染者が減少傾向なので、予定通り6月20日で緊急事態宣言終了(してくれればいいなぁ~)。
計画していた室蘭・登別・支笏湖旅行に2泊3日で行く。
工場夜景見て、温泉入って、絶景の支笏湖を感じてきます。

■4週目(6月27日~7月3日)

最後の札幌。
初夏の美しい緑をしっかりと目に焼き付けておきたいと思います。
北大をじっくり巡ったり、これまで秋・冬にしか行ったことのない定山渓温泉もいいですね。
あとは、北海道開拓の村にも興味があります。

■5週目(7月4~10日)

道民だった証として、離島にも行っておかないといけません。
北海道旅行の総決算として、稚内からフェリーで、利尻島・礼文島へ渡る。
利尻富士の絶景を間近で眺め、稚内では前回食べられなかったウニも食べたいと思います。
本当は青春18きっぷ期間がいいですが、後の予定が詰まっているので、ここにねじ込みました。

■6週目(7月11日~17日)

いよいよ移住に向けて、仙台の物件下見に行ってきます。
今後3年暮らすことになる家は超大事。
IPOで40万円儲かったこともあるので、快適な住環境確保のために妥協せず選びたいと思います。

■7週目(7月18~24日)

7月23日~夢にまで見た東京オリンピック開幕!
ただ実は21日~先行して、サッカーが始まります。
とにかくこの期間は一切バイトも入れずに、オリンピックに全集中。

忘れてはいけないのが、高校野球の予選。
少しオリンピックと被りますし、無観客or関係者のみでの開催になる可能性も高そうですが、都合や情勢が許せば、生観戦したいものです。

■8週目(7月25~31日)

もちろんオリンピック一色。
他のことは全部後回し。

7月28日の札幌ドームのサッカーのチケットを持っています。
対戦カードは、ルーマニア vs ニュージーランド、南アフリカ vs メキシコの2試合。
正直なかなか微妙な試合ですね。
しかも2試合目は日本戦と丸被りなので、1試合だけ見て帰宅予定です。

それ以前に、無観客の可能性もあるし、入場のためには陰性証明を求める話も出ています。
数万円払って検査して、ルーマニア vs ニュージーランドはさすがに現実的ではないので、この場合は諦めます。
でも、一生に一度しかできない経験なので、ぜひ生観戦したいですね。

■9週目(8月1~7日)

8週目に続いて、オリンピックのガチ観戦のみ。

■10週目(8月8~14日)

オリンピックは8月8日閉幕ですが、最終日が最大の見どころかもしれません。
札幌で行われる男子マラソン。
家から歩いて行けるところがコースになっていますし、許されるものなら沿道に見に行きたいですね。

オリンピックが終われば、リゾバに行く予定。
2年前の夏にやった時は、8月9日移動で、10~16日まで仕事。
今年も同じなら、オリンピック閉幕翌日からリゾバの神スケジュール。
1日ぐらいの融通は利くっぽいので、この日程で企てています。

GWにやった阿寒湖のホテルが、夏も募集するからぜひ来てと言われたし、仕事も慣れているので、同じところでもいいかなと思っています。
阿寒湖の美しい景観を見て、温泉三昧いいですね。

■11週目(8月15~21日)

前回と同じなら16日までリゾバ。
帰りには中継地の帯広で1泊して、近郊の六花の森・中札内美術村を訪れたいと思います。

■12週目(8月22~28日)

8月22日(日)は社労士試験。
予定は詰まっていますが、並行して勉強もして、あわよくば合格したいと思っています。

それが終われば、週後半には遂に引っ越し。
3年3ヶ月住んだ札幌とも涙のお別れの予定です。

■13週目(8月29日~9月2日)

セミリタイア生活の第2章。
仙台編のスタートです。

こうやって計画を立ててみると、3週目以降はほぼ毎週イベントが入っています。
これは相当にエキサイティング。
とにかくオリンピックが予定通り開催され、感染状況も落ち着いているのを願うばかり。

世界で1番熱い夏にしたい!
Source: Time is money  キムのお金日記