ドキドキ 茉祐子、
「よし、私も…。手つだ…。あっ、その前に…、着替えてくるね。」

薫子、にっこりと、
「うん。お願い。」

そして数分後、全員で…、
「かんぱ~~い。」

姫乃、
「そうだったんだ~~。薫子先生って…、芥川さん…、だったんだ~~。」

薫子、そんな姫乃に、
「ふん。」

一颯、
「あっ、そっか~~。姫乃君は…知らなかったな~~。…まっ、多少…、複雑って~~のも…あるかも…。…けど…、実に、仲がいいファミリーだよ、成宮家は…。実際、血は繋がっては…いないんだけど…。愛情いっぱいに包まれている。」
薫子と茉祐子を見て、
「なっ。」

美珊も、
「うんうん。」

「しかも…、こんなワイルドな男性もファミリーなんだから、凄ぇよ。」
恭弥の左肩を撫でて、そしてトントンと…。

恭弥、照れに照れまくって、
「かかかか。一颯さん、勘弁してくださいよ~~。」

薫子、
「やだ、この子、照れてるよ~~、かかかか。」
茉祐子の左肩に右肩を添えるように。

茉祐子、
「…でも、本当の事なんだから、しょうがないよね~~。恭弥さん。」
そして、
「六条さん、私の大切な兄なんですから…、どぞ、よろしく~~。」

そんな茉祐子に一颯、両手を両膝に、
「へへ~~。畏まりました~~。」

一同、その姿勢に爆笑。

そして姫乃、
「いいなぁ~~。素敵な家族~~。」

薫子、
「う~~ん…???」

一颯、
「あっ。そっか~~。姫乃君は、青森の津軽なんだけど…。家族は…おばぁちゃん…だけだもんな~~。」

薫子と茉祐子、
「えっ…???そうなんですか~~???」

姫乃、苦笑いをしながら、
「えぇ~~。まぁ…。」

「…でも、そのおばぁちゃんも、まだまだ60代。」
一颯。

薫子、
「知らなかった~~。姫乃ちゃん、おばあちゃん…何歳なの…???」

姫乃、少し考えて、
「60…、ん~~、5…???」

瞬間、茉祐子、
「若っ!!!」

美珊も、
「うんうんうん。若い若い。」

恭弥、
「…て~~事は…、姫乃さんのおばあさんも…おかあさんも…。…あっ、失礼…。どっちも…若いって…。」

薫子、頷いて、
「うん。」

一颯、
「まだ…、スーパーの…店員…???」

姫乃、
「あ~~。はい。」

そして…、数秒、沈黙のその場。

瞬間、姫乃、
「あ~~~。ごめんなさい。」
両手を振り、
「そんな…静かにならないでくださいよ~~。私…。」

恭弥、
「ぷっ。かかかか、その通りだ。」

薫子、一颯、
「ん~~???」

恭弥、
「あっ。ごめん。…いやね…。世界…旅していると、いますよ~~。しっかりと…出くわします。天涯孤独って…人とね~~。子供から…お年寄りまで…。まっ、当然だけど、貧富の差なんて…限りない。」

全員、恭弥を見つめて…。

「…けど…、しっかりと生きている。…だから…、そんな人たちと話ししていると、結構、元気…もらってるんですよ。」
そして、
「理由…、分かります…???」

また恭弥を見つめる一同。

恭弥、にっこりとして、
「いい目…、してるんすよ~~。」
そして姫乃を見て、
「ねっ、白鳥さん。」
にっこりと。

一颯もにっこりと。
「…と、言うことだ、姫乃君。いい目、してるそうだ。かかかか。だから、いい仕事ができる。…だろ…???」

瞬間、薫子、いきなり姫乃の背中をバン。
「そ~~の通り~~。イェ~~イ、姫乃~~。」

姫乃、少し目を潤ませて、
「あ…、ありがとうございます。」

美珊、
「ふふ。じゃ、また、乾杯しちゃおぅっか…。」

恭弥、
「いいっすね~~。」

そして…。

成宮家の玄関で姫乃、
「ごちそうさまでした~~。凄い、美味しかった~~。薫子先生、ありがとうございます。…そして、恭弥さん、ありがとうございます。」

恭弥、
「うん。また…いつか…。」

「はい。」

一颯と美珊、
「ごちそうさま~~。」

薫子、
「どういたしまして~~。」

一颯、恭弥に、
「じゃ…。また…。こっちに来た時に。」

恭弥、
「ありがとうございます。」

そしてふたり、がっちりと握手。

美珊、麗奈を恭弥に、
「麗奈~~。恭弥さんにバイバ~~イ。」

恭弥、しっかりと眠っている麗奈に、
「うんうんうん、バイバ~~イ。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.39.   恭弥、にっこりとして、「いい目…、してるんすよ~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋