とうとう会社のエアコンつけました。

こんにちは。

不動産投資をやってると避けられないのが賃貸中の部屋での事件事故。。

とりわけ自分の持ってる部屋で人が死んだなんて話になると次の賃貸に大きな影響が出る関係で出来るだけこの経験はしたくないというのが正直なところじゃないかと思います。

また人が死なないまでも火災などがあれば売買の時には告知事項となり告知することによって買い手は物件評価を下げがちです。(要するにこれ聞いて指値の裁量にされちゃう意)

とは言え、いつも言ってることですが「大家たるもの火事を出して半人前、部屋で人が溶けて一人前」というのが狼旅団のモットーですのでその程度でビビってる団員はいないと前提で話を進めさせていただきます。。。

さて、こんな心理的瑕疵について「いつまで告知しなきゃいけないのよ」という話は不動産業者や大家さんなどで年がら年中議論されていて、狼旅団的には「その事象の風評被害が無くなるまで」ということでと統一しておりますが、「一度入居者が済んだら大丈夫」とか「3年経過したら大丈夫」、といまだに諸説あるようなのでそろそろ国交省でもこの見解を出して「人の死に関する心理的瑕疵」の限度をガイドラインで決めようじゃないかという動きになってきました。

とは言えやっぱり自分が住む家、買う物件で人が死んだ事実をしればなんとなく嫌な気分になるのは事実。。

かと言って貸す側、売る側にしてみたら「そんな細かいとこ気にすんなよ(コラコラw)」って気持ちになる相反関係であることも否めません。(このお互いの相反があるので長年にわたり議論されてんでしょうけど)

そこで国交省がいつものパブリックコメント(通称:パブコメ)にて国民の意見を吸い出しガイドラインに反映させようということになりました。

そんなパブコメのタイトルは「宅地建物取引業者による人の死に関する心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン」。。

タイトルを見ると我々不動産業者から意見を聞きたいのかな?って気もしますがご意見はたくさんあった方がいいのでこのブログを読んで「いっちょ意見してみるか」って方、ご遠慮なくご意見をお寄せいただければと思います。

そんなご意見窓口の詳細はこちら

で、昨日いろいろ調べたところ、、
国交省では自殺、殺人、火事などは従来通りの告知義務として自然死や病死などは告知義務を無くすという方向に動いているようでこれが実現できればあの大島てるに載ってる炎マークの相当数が消えることになります。(ま、当の大島さんに消す気があればの話ですが。。。)

ただこれは個人的見解ですが自然死や病死でなかなか発見されず腐乱してしまい周囲にご迷惑を掛けてしまうシチュエーションだけはさすがに告知した方がいいんじゃないかと思っております。。

だってこういうのって絶対近隣の人延々文句言い続けそうだし、臭い系ってどこまで広がったかわかりませんからどこまで風評被害が広がってるか把握出来ないじゃないですか。。(こういう噂が一番怖いです)

それと自然死で問題なのが「死因がわからない」ってやつ。
ちゃんと病名でもわかれば納得する人もいるでしょうけどどうやらここに関しては告知義務を負いそうな気がします。

あとはこれを重要事項にどうやって反映させるかも議論されるんじゃないかと思います。

ガイドラインとは言え、国交省が出すものですから不動産屋さんはこのガイドラインを元に重要事項を作るので最終的にどこをどういじってくるのか大注目してます。

さて、話は変わりますがこのガイドラインが出来て変わるかもしれない例の大島てる

最近はテレビ、ラジオにちょいちょい出てるのでそこそこ有名人となり「事故物件」と検索するとほぼ例の炎のサイトに誘導されるはずです。(ホントすっかり有名サイトになりやがって誠に迷惑な存在でございます

ワタクシ、最近事故物件を仲介する場面が少なくなったのでこの事故物件サイトを見る機会もめっきり減ってしまいましたが相変わらず一度載せたら事実がどうあれ消さない方針なのでしょうか?(なんかネットの噂では最近は少し丸くなって削除にも柔軟に対応するようになったとも聞いておりますが、、どうなんでしょう?)

もし方針が変わってないならそのうち爆弾落としてやろうかとも画策しておりますがどなたかご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせください(「事実じゃないのに掲載されて削除依頼しても返事がない」なんてお話があれば聞きたいです)


まだ隠し玉なのでコメント欄に「あー、、あの件ですね。。」とか書いたら消しちゃうんじゃんw
Source: 狼旅団の地下に潜った不動産ブログ(開店準備中