ドキドキ そして…。いよいよ薫子の、ナターシャ、特集の取材当日。

茉祐子、
「おかあさん…、今日だよね~~。ナターシャの取材。特集の~~。」

ジョギングウェア姿で、フィットネスバイクで、
「ふっ、ふっ、ふっ~~。あ~~、うん。」

茉祐子、ドアからにっこりと…、
「頑張って~~。行ってきま~~す。」

ドアが閉まる。

薫子、顔をにこりと…、
「はははは。」
そして1時間後には薫子、仏壇の前で両手を合わせて、
「行ってきます。」

TBAテレビ局内。
実は、ナターシャの薫子の特集取材は、実際の薫子の料理番組から始まったのだった。

以前から一颯と面識はあったナターシャの侑里は、一颯に、
「お世話になります、今回はよろしくお願いします。」

一颯、
「こちらこそ~~。じっくりと観て行ってくださいませ~~。彼女には既に、その旨、伝えてますので…。」

侑里、
「ありがとうございます。」

凛久も、
「うんうん。中々どうして…。確かに…、これなら人気…想像できますね~~。」

薫子の番組は、確かに、料理を視聴者にどう伝えるかもそうではあるが、
その作り方もさることながら、素材や時間、それまでの調理法から徹底したリサーチから…、
恐らく、男性でも、「やってみたい。」と、思える、
薫子独特の演出効果も想定した番組として成り立っていた。

凛久、
「うんうんうん。これなら…僕も作りたくなってきますよね~~。」

侑里、
「は…ぁ…???」

「いやいやいや。だって…、見ていて…気づきません…???」

その声に侑里、
「うん~~。まぁ…。ねぇ~~。…あっ、いや…。女の側から…、今…、思わず、極端に感じちゃった。かかか、申し訳ない。」

「…って、言うか、羽田さん…、料理上手って…。専らの評判ですもんね~~。」

近くでその声に一颯、
「ほぅ~~。」

侑里、
「ばか。何言ってんのよ~~。」

凛久、
「旦那様が…羨ましい~~。」

侑里、思わず凛久の右脇腹を左二の腕に…。

凛久、顔くしゃりと…、
「痛っ。…って、今…、本番中…。」

侑里、小さな声で、
「分かってるよ、この~~。」

一颯、
「ぷっ。」

そして、番組終了。

スタッフ全員、
「お疲れさまでした~~。」

薫子、
「お疲れさまでした~~。」

一颯、
「成宮ちゃん。」

薫子、一颯と一緒にいる男女に丁寧にお辞儀をして、
「ありがとうございます。」

凛久、
「お疲れ様です。…そして…、初めまして…。鳳出版社、月刊雑誌ナターシャの霧島凛久と申します。…なんだかんだで、一度もお目に掛れてないのに…、取材が初対面で、申し訳ございません。」

薫子、凛久から名刺を受け取って、
「はい。霧島凛久さん。初めまして…。」

一颯、
「成宮ちゃん、少し…落ち着いてから…???」

その声に薫子、
「ふん…。ん~~。でも…、今のこのムードなら、いいんじゃないかしら…。」

一颯、
「こっちは…、全然平気だけど…。んじゃ~~。」

薫子、
「OK~~。やっちゃいましょうか。」

侑里、
「ありがとうございます。」

凛久、
「いやいやいや。嬉しいですね~~。」

一颯、
「かかかか。当然。こう見えても…、成宮ちゃん、鍛えてますからね~~。」

その一颯の声に、侑里、凛久、
「はい…???」

凛久、
「鍛えて…るって…???」

一颯、
「あっ。あ~~。」
頭を掻いて、
「ま~~。まっ。はは。まずは…場所を変えて。」

侑里、凛久、
「あ~~はい。」

一颯、
「では…。こちらです。」

一颯の後ろから歩く薫子。

その薫子の歩いている姿勢を見て凛久、
「えっ…???」

侑里、
「ふん…???どうかした…???」

凛久、
「あ…、あっ、はは…。いいえ…。うん。行きましょうか。」

一颯が用意した取材に使う場所。
「どうぞ、こちらになります。」

室内に入った瞬間、侑里、
「わお。」

凛久、
「へぇ~~。こういう場所…、嬉しいですね~~。」

薫子の仕事に反映した室内のアレンジになっていた。

薫子、
「六条さ~~ん。もぅ~~。」

一颯、
「いやいやいや。ここまでは…やらせてもらわないと…。かかかか。」

「ありがとうございます。」
薫子、丁寧に一颯に頭を下げて…。

凛久、
「こっちの必要なもの…、全部、揃ってるわ。凄ぇ…。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.21.   薫子の、ナターシャ、特集の取材当日。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋