ドキドキ エトランゼの帰り道。

和歌葉、
「…けど。ほ~~んと、可愛いよね~~。赤ちゃん。」

巴、
「うんうんうん。はは、私…赤ちゃん、欲しくなってきた~~。」

そんな巴に千晶、
「かかかか、だったら、し~~っかりと…、いいひとゲットしなきゃね~~。」

その一言に巴、腕組みしながら、
「な~~んだよね~~。」
数回頷き…。

「いいよ千晶は~~。しっかりと…彼氏…いるんだし~~。」
和歌葉、巴の顔を見て…。

そして巴も同じく、
「ね~~~。」

そんな巴と和歌葉を見て千晶、
「そこ~~。うるさいよ~~。かかかか。」

和歌葉、
「ふん。また…合コン…計画…、立てなきゃ。」

そんな和歌葉に巴、
「わっ。あっ。それ…、私…乗った~~。はいはいはい。和歌葉~~。」
大はしゃぎの巴。

和歌葉、
「かっかかか。前回は茉祐子になっちゃったもんね~~。」

巴、体をぐるぐる右左に揺らしながら、
「もぅ~~。」

茉祐子、困ったような笑い声で…、
「でもさ~~巴~~。」

茉祐子、和歌葉を見て、
「ねぇ~~~。」

和歌葉、
「ま…ぁ…ねぇ~~。」

巴、
「でも…、イケメン…だったんでしょう~~???」

茉祐子、
「まっ、そりゃ…、イケメンは…イケメン…では…、あったんだけ…ど~~。」

和歌葉、茉祐子を見て、
「ま…ぁ…ねぇ~~。」

茉祐子、
「いくらなんでも…、ありゃ…、着いていけないよ~~。」

和歌葉、
「ま…ぁ…ねぇ~~。」

巴、いきり立ちながら、
「もぅ~~。私も顔…見たかった~~。」

茉祐子、そんな巴を抑えるように、
「まぁ…まぁ…。」

和歌葉、
「ま…ぁ…ねぇ~~。」

千晶、腕組みして、
「ふん。私も…どんなイケメンなのか…、見てみたかってのは…あるよね~~。」

そこに巴、
「あんたは、どの顔して、それ…言う~~???」

千晶の顔に巴、口を尖らせて…。

茉祐子、
「私はいいよ。まだまだ、そんな気分になれないよ。」

「…って、言いながら茉祐子~~。あんた…今、26よ、このまま30目指しても男…いない気~~???」
巴、茉祐子に突っ込む。

茉祐子、
「いやいやいや。そんな…訳じゃあ…ない…けどさ~~。」

和歌葉、
「ま…ぁ…ねぇ~~。」

「…って言うか、さっきから…何…???和歌葉…、その…、ま…ぁ…ねぇ~~。」
顔を傾げて巴。

千晶も茉祐子も、
「あっ。」

何かしら、遠くを見ていそうな和歌葉、
「…えっ…???…はっ…???」

「だから…、何が、ま…ぁ…ねぇ~~。…なのよ~~。」
巴。膨れっ面をして。

そんな巴に、和歌葉、
「えっ…???あっ。ははははは。」

千晶、茉祐子、
「はぁ~~あ…???」

和歌葉、恥ずかしそうに…、髪を撫でながら、
「あ、ははははは…。は。…なんかさ…。さっきの…。」

3人、
「さっきの…???」

和歌葉、半ば下を向いて、
「なんかさ…。…瑛輔君の…、好きな女性…。気になってさ…。」

その和歌葉の声に3人絶句。

数秒…。
3人共に、
「え-―――――――――っ!!!」

巴、
「わっ。わわわわわわわ。わっ!!!和歌葉。」
和歌葉に近づき、オデコに左手を…、真剣な顔をして、
「熱…あんじゃないの…???」
そして、
「…ん…???熱は…ないよな…。…って、嘘でしょ。あんた、和歌葉…、瑛輔~~~~。」

千晶、
「わお。」

茉祐子、
「凄っ。」

巴、
「マジ…。」

その瞬間、和歌葉、
「えっ…???やだ。何…???…もしかして…、私…が、瑛輔君、好きだって…???」

その和歌葉の声に3人、共に首を縦に、2、3回。

そんな3人を見て和歌葉、口を真一文字に…。そして、
「ぷっ。な~~に言ってんのよ~~。…んな訳ないじゃ~~ん。だから~~。瑛輔君の好きな女性って、誰かな~~って…。単にそう思っただけ~~。私の恋愛対象に、なるわけ、ないでしょ。もぅ~~~。」

その声に3人、共に顔を見合わせて…。

和歌葉、
「それに~~。私…、年下に…興味…ないから…。」

その言葉に3人、目が点。

巴、和歌葉をクシャリと睨みながら、
「まぎ…らわ…しぃ~~。」

そして千晶と茉祐子、大きな声で、
「もぅっ!!!」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.20.   エトランゼの帰り道。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋