ドキドキ 「しかも…若ちゃんも一緒に異動なんて。ねね、夕美~~???」
由香里。

「…ん…???」
夕美子。

「当然、矢萩さんと若ちゃんの…???」

その由香里の声に、
「ん~~。歓迎会…するって…。」

「当然…。」
口を一文字に夕美子の目を見つめるように由香里。

「ふん。ご推察通り。」

「ほっほっほぅ~~。」
腕組みをしながら由香里。

そんな由香里に、
「あいあいあい。今度の金曜日、19時。…どうせ。」

「ふふん。ゲリラ攻撃。」
にっこりと。
「へっへ~~。ワコウちゃん。どんな料理出てくるのか…、それも…楽しみ~~。しっかりと…おみや…期待してよね~~。」

そんな由香里を見て、夕美子と健之、
「ふふ。」
「お待ち申しております。はい。」

そして、
「こちらが今度ブリリアントの副編集長になりました矢萩です。よろしくお願いします。」
亜季、自分の担当クライアントに。

その後も真奈香、美紅、心。それぞれの担当のクライアントに挨拶周り。

真奈香、
「凄いよ~副編集長~。みんな…、好印象。ふふ、さっすが~~。」

そしてこちらでは…。
「へっ。そっか~~。ソフィアの矢萩さん…ブリリアントに異動…なったか~~。…道理で…。」
美紅から話されてカメラマンの漣太郎。

「なに、道理でって…???」
美紅。

「うん。ほら、俺の先輩のカメラマン。」
「あ~、うん。…掛川…さんね…。あっ、そっか。彼…ソフィア…専属…。ちょっと…、苦手なタイプ…。」

「その…苦手なタイプが…。」

美紅、
「おぃ。」

「ソフィアに2人、新しい人が入ったって…。一之瀬姉妹。凄いぜ、彼女たち…。まっ、前々から先輩からは話し、あったけど…。」
「へっ…???漣太郎も知ってんだ、その…一之瀬姉妹…???」

「あぁ。特に姉の一之瀬美鈴。彼女…。さて…。部数…、ソフィアに持ってかれんなよ。」

そんな漣太郎の声に美紅、
「う…、うん。」

そこへ康太、
「美紅さん、矢部さん。準備できました。」

美紅、
「おっ。」

「んじゃ。行こか。」
美紅の右肩に手を掛けて漣太郎。

「うん。…あっ、それ…私持つよ。」
「バ~カ。持ってから、こけられたらこっちが困る。大事な人に怪我はさせられん。」

口を尖らせて美紅、
「へ~~ん。はいはい。」
漣太郎の右腕に絡みながら。

「おいおい。そっちの方が重てぇよ。」
「かかかか。」

壁側のコーヒーメーカーからコーヒーをカップに。
そして体を一回転、向き直って夕美子。ぐるりと局を見回しながら…。
「ん…???」

右側に向けた顔が、中々元の位置に戻らない…。
その先の若を見て思わず、
「くくく…。…ったく~~。」
そして、
「信玄~~~。」

両肩をドキンと信玄。
後ろを振り向いて、照れながら頭を掻く。

夕美子、
「ばか。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋