「ロッキー」シリーズを新たな主人公

アドニスの物語として復活させた

「クリード チャンプを継ぐ男」の続編です。

彼ともそれを観に行っていたのですが

細かいところまでは覚えてなくて。

それでもさすが、十分楽しめました。

 

 

 

 

王道といえば王道のストーリーなんだけど

ここぞ!というときにあの音楽♪もかかって

やっぱり感動しちゃうんですよね。

ザ、映画って感じの起承転結。

やっぱり迫力あるんです。

またイ・ビョンホンのとは違う

わかりやすい感動です。

ラストのドラコ親子のシーンが

私は好きでした。

ただ心に残るのは

イ・ビョンホンのほうかな?

あれは次の日とかも

じんわり思い出しちゃうような

優しい映画でした。

 

~上記リンクサイトより

「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、

ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬った

イワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、

アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。

ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、

かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子

ヴィクターと対戦することになる。

ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、

納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、

心身ともに不調に陥ってしまう。

やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、

ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、

しばらく一線から遠のくことに。

しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」

と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。

前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、

ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、

スタローンは脚本も担当。

「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じた

ドルフ・ラングレンも同役で出演。

 

 

 

 

 

よろしければ、ポチッと 

お願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 
  
 

にほんブログ村 恋愛ブログ シングルマザーの恋愛へ

 

 

 

お暇な時に覗いてみてね♪

鳥居 御朱印帳やさん 出雲大神宮

 

 

 

 

 

Source: キボウノヒカリ~離婚からの日々