ドキドキ ベルモンドを出て通りを歩きながら友紀、倫洋、
「はぁ~~。美味しかった~~。やっぱり…噂に間違いはなかった。すご~いよね~ワコウさん。完…璧。」
「まさか…、姉ちゃんに…。」

「かっこいいじゃんよ~~。高梨…和弘さん。…だっけ…。」
「なんで…姉ちゃん。」

倫洋の左手を握りながら、前に後ろに友紀。
そして両腕で、倫洋の左腕に絡みながら、
「さて…、次々~~。」

カウンター内で洋造、
「へぇ~~え~。倫ちゃんに…、あ~んな綺麗な彼女がいたなんてな~~。おったまげたな~~。かかかか。」

黙ったままで皿を洗っている和弘。

「…って、言うか…、ワコウ、おめぇも…初めてだろ、倫ちゃん…???」

和弘、
「……。」

洋造の声が聞こえていない。

「おぃ、ワコウ~~。」

ようやく、
「えっ???あっ、はい…。あっ…。はい…???」

洋造、
「ん~~???」
そして、思わず、
「ぷっ。けけけけ。」

和弘、洋造の顔に向いて、目をパチクリと…。

「まっ、頑張んな。俺ぁ~~、こう見えても…、お前の味方だ。」

そんな洋造に、
「えっ…。はぁ…。へへ…。」

「な~んでぃ、その笑いは…。」
「えっ。あっ、いや…。…美希ちゃん、いなくなって、ちょっと…、寂しいかな…って…。」

康太、
「お疲れ様でした~。上がりま~す。」

與門、健之、
「お疲れ~。」
「は~い、お疲れ様~~。」

心、美紅に耳打ち、
「ねね、矢萩さんと若ちゃんの…歓迎会…やんなきゃ。」

美紅、
「おっ!!!ナ~イス~。編集長~~。」
いきなり椅子から立ち上がって美紅。

與門、
「ん…???」

「矢萩さんと若ちゃんの歓迎会~~~。」

健之、
「えっ!!!」

若、ビクンと。

亜季、
「ほぅほぅほぅ~~。だ~よね~~。」

首まで積まれたファイルを両手に編集局に入ってきた真奈香。
美紅から、
「ねね、真奈香~。矢萩さんと若ちゃんの歓迎会。」

机の上に、
「ヨイショッと。ふんふんふん。だ~よね~~。ふん。編集長~。」

「ふん。いいんじゃな~い~。」

と、ぐるりと見回して真奈香…、
「あ~れ~~???肝心の…人が…、いない。」

與門、
「ふふ。トイレだよ。」

心、
「場所は…。」

亜季、
「もう、決まってんでしょ。」

その亜季の声に心、
「かかかか。そう…でした。おし。矢萩さん、若ちゃん、良いよね~~。」

健之、
「あ、あ~~。は~。…いいのかな…。」

與門、
「ふふふ。あ~まえなさ~い。若も…いいね~~。」

若、
「はい。ありがとうございます。」

「…と、言う事で、おじちゃん、良いよね~~。日程決まったらまた教えるけど…。」
生ビールを飲みながら心、その隣で若。

カウンター内で洋造、
「へぇ~~。ひゃ~~。矢萩さんと若ちゃん、ブリリアントに…ってか。ほぅほぅほぅ。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋