businessman-2956974_1280.jpg

昨年11月から韓国語の勉強を再開して、基本単語や文法をおさらいして、だいぶ以前の勘が戻ってきました。

最近は、韓国のニュースサイトで馴染みのある日本の記事を読んで、ナマの韓国語に触れています。

語学は勉強方法の幅が広い点が最大のメリットで、今度はメル友を作ってみました。
KJCLUBという日韓の交流サイトでは、互いの国に興味がある多くの人が登録していて、メル友の募集もあります。

僕も登録して、プロフィール登録します。
そしてメル友を募集している人を検索。
同年代の韓国人女性何人かに、メルアドを記載して、メッセージを送ってみました。

すると内1人から、メール宛に返信がありました。
以後、1日に2通ぐらいのメールのやり取りをしています。

ソウルに住んでいる35歳の女性。
大学の時から日本語を勉強していたけど、友達と日本に来た時に全然分からなかったので、もう少しやってみようと思ったとのことです。

韓国語で文章を打つのはまだ無理。
なので、日本語で文章を打ってからグーグル翻訳で韓国語に直し、変な表現になってないかチェックしてから併記して送っています。

相手はたぶんもう少し能力が高いようで、普通に日本語のメールをくれました。
内容的に変な部分もありません。
その後お願いして、韓国語も併記してもらうようにしました。
ちなみにだいたいの内容は分かります。

テキストのいかにも勉強っぽい韓国語じゃなくて、実際に韓国人が使っている韓国語を読むと勉強の楽しさが分かりますね。
内容的には小学生みたいな感じですが、それでも外国人の会話するのって楽しい!

できれば長く続けて、LINEで通話をしてみたり、韓国に行った際に会えれば理想。

そのために、頑張って上達したいと思います!
Source: Time is money  キムのお金日記