PKU4151343PAR58335_TP_V_202301011508379e4.jpg

2023年の予算を作成しました。

予算2023

月別2023

(収入)

就労収入は、娯楽の少ない1・2月で14万円と12.5万円と厚めに稼ぐ。
GWとお盆のリゾバで、各8万円。
その他の月は4万円としました。
週1ぐらいのペースで働けば十分です。

就労外収入は、減少傾向のため月2万円としました。

雑所得も減少見込み。
毎年、両親の主に配当金関係の確定申告をして、還付金の半額を成功報酬として受け取っています。
さすがに取りすぎやろってことで、今年は20%で話がつきました。
確定申告関係では、自分の分と合わせて50万円ぐらいになりそうです。
その他、金券売却やポイント現金化は従来通りです。

(支出)

大きく増加させるのは、教養・娯楽。
今年もたくさん旅行に行きたいし、年間13万円でジムにも通います。
加えて、社労士の登録費一式で23万円かかります。
この費用分だけ、予算を積みましました。

逆に大幅減は、日用品と社会保険料。

日用品は、過去2年ぐらいで揃えました。
スマホやPCも買い替え時期でもありません。
大型出費は洗濯機ぐらいです。

社会保険料は、昨年国民年金2年分を前納しているので、今年は国保のみ。
最低額なので、年間2万円ぐらいで済んでしまいます。

それ以外は、概ね2022年決算から大きな変動はありません。

1.5万円以上の項目を少し補足すると。

住宅費は、契約期間2年経過で更新料が2万円必要。

医療費は、もう少し体のメンテナンスに使ってもいいかなと。

光熱費は、価格高騰で少し引き上げています。

(総括)

収入は、186万円目標ですが、200万円を目指して全方面で頑張って稼ぐ。

支出は、200万円以上をベースに、収入を見つつ柔軟に使っていく。

そして、ここ数年同じことを言っていますが、何としてでも収支を赤字にする。
これができない以上、僕のセミリタイアに進歩はありません。

マラソンとかでもそうですが、最初ある程度突っ込んで入らないと、好タイムは見込めません。
1月から無駄使いしていこうと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記