ドキドキ そしてまた葉子、
「この人じゃない。」
ポツリとそう言って葉子も初めてマイクにポインターを。
「日比谷部長、ありがとうございました。また、振り出しに戻ったようです。」

その声に周りの面々も…。
「えっ…???」

尚登、画面を見ながら…、けれどもマイクは閉じられたままで…、
「どうして…???選さん…???」

紫も都沢も同様に…。

海江田は、
「ん~~~。」

会議室でも杏樹、顔を傾げて…。

日比谷、葉子の声に微笑んで…、
「えぇ。そのようで…。」

そこで初めて次々とマイクにポインターを当てて…。

尚登、
「ど…、どうして…???…けど、どうやって…、日比谷部長、その情報…???」

杏樹も、少し両眉の先端を吊り上げるように…。

日比谷、ニッコリと杏樹を見て…。
「実は…、今回のこのM&A…、私も個人的に、調べさせて頂いていたの。…まぁ…、詳しい事は、長谷部や陣屋にも聞いてはいたから…。そして…、昔の私の古巣からも、少々調べてもらって…。」

杏樹、
「古巣…???」

そこに海江田の声、
「元警視庁捜査二課の刑事。日比谷部長。」

その声に杏樹、いきなり目を見開いて、
「えっ!!!」

それは川峯も同じ、口を尖らせて目を真ん丸に。

日比谷、そんな海江田に、
「おや。海江田さん、御存じで…。」

「えぇ…。私は…、鳩崎部長から…、その事を…、かなり以前に…。」
「ふふん。な~~るほどね~~。」

そして今度は葉子、
「そして…、今回のM&Aには、川峯取締役は何ら…関わってはいないと…。」

杏樹、
「えっ…???」

日比谷は、
「えぇ。そういう事になるわね。」
けれども、
「選さん…。でも…、どうして、そう思った…???」

「実際。」
葉子。
「仮に…、川峯取締役が、経営手腕が良くても…。けれども一度多額の投資に失敗。そして苦い経験。それもどん底の…。」
そこまで言って葉子、
「失礼ですけど…。そういう人物を…、ましてやマンモス企業とも言われているホテルキャッスル・チャイナ。M&Aの仕掛け人に、選ぶとは、到底。それに…、宮越弁護士ですけど…。その名の通り、法曹界では名の通っている方。幾ら弁護士、そして投資家の顔を持っている方でも、そんな…、道を外れた事をするとは…。ギャンブル以前に、リスクが高過ぎる。」

そんな葉子を黙って見ている美琴、そして尚登に海江田、紫に都沢。

日比谷、そんな葉子の話を聞いて、笑顔で、
「はは。その通り。凄いわね、選さん。今の私の話で、そこまで…。」

杏樹、
「元警視庁…、捜査二課の…、刑事…。」

川峯は力が抜けたように、日比谷を見ていた。

海江田、少し身体を起こしたように…、
「ふり…だし…かぁ。」

その頃、仕込みをしていた高村家の通。

口笛を吹きながら…。ふと、
「あ~~れ~~。」

その声に愛生、
「どうしたの…???」

通、顔を傾げて、
「ん~~~???…今さ。俺…。何か、思い出した…。」

「何を…???」

「確か…、あん時…。あの人の…隣にいた人物…。」
そこまで言って通、何かしら納得したような顔で、
「はいはいはいはい。女だわ。…確かに女性~~。うんうんうん。」

その声に愛生、
「はっ…???…女性…???…何の話…???」

そんな愛生を見て通、
「あ~~。うん。ほら。この前、姉御たちに言った弁護士の人。裏の顔が投資家だって。」

「うん。」
「ここに来て投資の話、しててさ。あん時、ふたり連れだったんだよ。物凄い真剣な顔して、その投資の話聞いてた人物。思い出したのさ。確かに、女。」

愛生、その話に、
「へぇ~~。」

「ただ…。」
顔を傾げて通、
「残念ながら、名前がね~~。それだけは…、分かんない。顔は…、覚えてんだけどさ。」

口を尖らせての愛生、そして、
「ふ~~~ん~。」

杏樹、川峯に、
「今回は…、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。」

川峯、困ったような顔をしては、
「いいぇ…。」

日比谷、
「川峯さん。今回、あなたの承諾なしにあなたの過去を調べた事、お許しください。実際であれば、違法に成り兼ねない事ですが…、状況が状況下で。」
そこまで言って日比谷、椅子から立ち上がり、川峯に一礼をして、
「申し訳ございませんでした。」

都沢、ポツリと、
「凄ぇ。」

海江田と葉子、そして紫は黙ったままで、僅かに頷いて。

そんな姿勢の日比谷に川峯、自分も椅子から立ち上がり、
「いいえ。…そんな…。…でも…、感服しました。…でも…。これだけは言えます。私、ホテルキャッスル・チャイナ。社長の名前は知ってますけど…。残念ながら、お会いした事は…、一度も…。」

日比谷、
「ありがとうございます。」

杏樹もコクリと。

川峯、
「では…、失礼いたします。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,109.   そしてまた葉子、「この人じゃない。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋