ドキドキ 「そのホテルも僅か4年で破綻。急成長したはいいけど…。正に急転直下。当時、マカオ国内のメディアも、その直下振りをニュースでも、雑誌でも取り上げたくらい。そして、その原因や、しかも、破綻振りには、様々な憶測も…。」
淡々と話す日比谷。

俯きながらも黙って話を聞いている川峯。時折唇を動かしながら…。

杏樹、日比谷のその話を目をパチクリとさせながら、日比谷を見ながらも聞いている。
そして、頭の中で、
「…この人…、何処からそんな情報を…。私たちには、絶対に無理。」

社長室でも…。

都沢、
「えっ…???…何…???この情報…、部長…、どっから…???…俺たちじゃ、こんな情報…、絶対に無理だよ。」

その声に海江田も、
「ん~~~。」
そして、
「ところで選さん、さっき…、この人じゃないって…。」

その声に紫も都沢も、
「あ~~。」
「うんうん。なんだか、ボソリと…。」

会議室では日比谷、川峯に、
「当時、そんな急転直下から様々な憶測や噂の中には…、事故物件などと言う言葉も…。」

社長室、今度は尚登、
「事故物件…。」

日比谷、優しい目でも、何かしら、
誤魔化しを見抜くとでも感じられる空気感をもたらす眼差しで…。
「当時、ボクシングで、世界ヘビー級チャンピオンでもあるタイ出身のアタパン・アイドゥン選手が宿泊していた。世界チャンピオン防衛戦前に…。けれどもその防衛戦の2日前に亡くなっている。ニュースでは突然の死亡の原因に、突然死、心臓弁膜症と発表されてましたが…、実際、その亡くなった場所が…。そして、その時の状況があまりにも…、また…、その時のチャンピオンの行動が曖昧でハッキリしない。中には…、刺殺などと言う言葉まで…。」

その情報を、一切資料を見ずに川峯の顔を見て話す日比谷。

社長室では尚登も紫も、
「凄い。…こんな情報…。」

「けれども…。」
日比谷、
「最終的には、ホテルが破綻した後、数か月後に、ホテル経営者の多額の投資が破綻の主たる理由と…。ニュースでも、雑誌でも、数か月後に発表されたから、余り話題にもならなかった。…それこそ、当時は、様々な産業で社会が目まぐるしく躍動していた時期だったから…。」

川峯、唇をギュッと搾り、僅かに俯き。そして今度は顔を上げ、
「どうやったら…、そこまで…???」

その声に微笑むように日比谷、
「ふふん。そう…???…私の話…、どぅ…???…不思議…???」

社長室ではすぐに都沢、
「いやいやいや、びっくり。」

日比谷、
「あなたが…、その、ユーピテルホテル。ギリシャ神話の、ゼウスと相当の神の…。」

葉子、日比谷には聞こえないが、同時に…。
「ローマ神話の神。」

紫、
「へっ…???…そうなの…???」

葉子、コクリと。

日比谷、
「そのホテルに出資してくれた投資家の中に、実は、宮越弁護士も…。…いらっしゃった。」

都沢、間髪入れずに、
「うそ―――――っ!!!」

日比谷、
「あなたの投資力、そして、その判断にも比例しての経営力が、宮越弁護士に、見染められたのね~~。…けれども…、経営3年半。正確には…、3年と10か月。…確かに、あなたの傲りであなたは多額の投資で失敗。社長交代で経営再建の道もあったが…、既に、その投資と言う言葉だけで、ホテルの全社員はあなたを見切った。その理由は、マカオの人間ではない。日本人であるため。つまりは外国人。たった、それだけの理由。」

都沢、
「へぇ~~。そうなんだ~~。」

「そして…、その後、どん底になったあなたは、唯一、マカオでも交流を深めていた人物のアパートに転がり込み、ルームシェア。その際、ホテル関係のどの人とも関係を求めたくなかった。つまりは、日陰の生活。当然、宮越弁護士からも、静かに暮らしなさいと…。仮に、今の状態で、日本に帰っても…。社会は相手にしない。」

話に川峯、口を真一文字に…。そして僅かに口を尖らせて…。

日比谷、
「宮越弁護士からも、暫くは連絡を絶つと…。それから4年。マカオのある店で宮越弁護士と再会。」

そして日比谷、杏樹に、
「久留巳専務。この辺で良いかしら…???これ以上、話しても…。」

杏樹、とにかく日比谷に圧倒されたままで…。そして川峯を見て…。
「川峯…さん…???」

川峯、観念したような顔で…、
「専務…。こちらの…、日比谷さんの話の…、通りです。…けれど、私の口からは、そこまでは…。…もちろん、宮越弁護士も同様に…。」

日比谷、
「隠されていた過去…。に、なりますよね、川峯さん。」

俯き加減に川峯。

そして日比谷、初めて、
「鶴来社長。」

その声に美琴、マイクにポインターを…。
「分かりました。ありがとうございます。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,108.   淡々と話す日比谷。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋