前場の日経平均は続落。米ハイテク株安を嫌気して軟調に寄り付くと、27,415円(-270)まで下値を切り下げた後、前引けにかけても売り優勢で推移。7-9月期実質GDP改定値は年率換算で上方修正(-1.2% → -0.8%)となったものの、1月以来となる経常赤字、プーチン大統領の「核戦争の脅威高まった」主旨の発言も相場の重石に。

□ 午後の展望 : 売り優勢 ± 先物需給

テクニカルと市場マインドの軟化を重石とする直近の軟調地合い継続が本線。27,500円付近では押し目買いの下支え効果が期待されるものの、FOMC前の実需筋の様子見ムードを踏まえれば、先物での仕掛け売りによる27,000円台序盤までの下振れをリスクシナリオとして念頭に。

■ 午後の戦略 : シンプルに下げ基調に備える!

全体需給の悪化傾向に備えるべく、弱テクニカル銘柄の縮小、手仕舞い条件の徹底を優先。好背景銘柄に関しては、ターゲットと条件を絞った強気スタンスを継続。

☆★Sラボ新規買い対象3銘柄も従来戦略を踏襲。

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 4263 サスメド
昨日触れた「利確売りに押されながらも1,400円水準をキープできるようなら、日柄をかけずに上値追いへ」路線で上昇中。

△ 1360 日経ベア2倍
昨日の買い増し後、FOMC前の上昇局面は売りすぎに注意しながら利確を計るイメージで。※ 利確時は持ち株のロスカットと抱き合わせがおススメ。

では 午後もよろしくお願いします。
     
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村   
         
Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆