ドキドキ 「もしかして…、川峯さんも、宮越先生と過去に…、何か…???」
美琴、そこまで言って口を搾る。

葉子、そんな鶴来を見て、
「鶴来社長、川峯取締役も、その…、宮越さんと過去にって…???」

杏樹が、
「選さん。」

葉子、その声に、杏樹に顔を…、
「あ、はい。」

「残念ながら、その件に関しては…。」
そして杏樹、顔を横に振り…。
「申し訳ありません。」

美琴も少し困ったような顔で…。

杏樹、また、
「残念ながら、川峯取締役、自分の過去となると、一切口を閉ざして…。表情が変わってしまうんです。ですから、それ以上の事は…。…それに…、宮越先生も同様に…。」

瞬間、海江田、そして葉子も、
「えっ…???…弁護士でありながら…。」

そのふたりの反応に杏樹、顔を曇らせて、
「えぇ…。」
口を尖らせながら杏樹、
「…ですから、ホテル内では、いつの間にか…、川峯取締役の事に関しては、封印がされたように…。」
けれどもキッパリと、
「でも。川峯取締役がホテルに入社してからは…、さすがにマカオでのホテル経営のカリスマとも呼ばれた方、業績が…。」

尚登も、
「そうっすね~~。…でも、川峯さん…、そうなんっすか…???…本人の過去を聞くと…???」
頭を傾げて尚登、
「全然、そんな風に、想像付かないんだけどな~~。物凄い、笑顔の素敵な方と言う…、イメージしか…。」

「ん~~~。川峯取締役…???…多分…阿刀田常務は…、ご存じないかと…。なぜなら、常務、会議の時以外は、全くと言って良いほどの、現場主義ですから…。少しは他の取締役とのコミュニケーションも…。」
そこまで言って杏樹。
「まっ。尚登君いる~~???って、ホテルに来て下さる子供さんが多い。と、言うのには敬意を払いますけど。」

その声に海江田、
「おやおや。」

紫もニッコリと。

都沢、
「子供か~~。はは。ですね~~。」

葉子、
「子供から親が、そんな風に言われれば、子供の嬉しい、楽しい顏、親は見たいですもんね~~。」
そこまで言って葉子、
「…と、言う事は…、ここで、川峯取締役の事をあれこれ言っても、前には進まないって…。」

海江田、
「そう…、なります…ね。…と、言う事は~~。残るは…、この人。」

その声に3人、一同に、
「北、取締役。」

美琴も杏樹もタブレットを見て…。

尚登、
「北…君か~~。彼も…、中国人…だったんですね~~。」

海江田、その声に、また後ろを振り向いて、
「えっ…???阿刀田常務、知らなかった…???」

尚登、海江田を見て、
「えっ、え~~。」
そして申し訳なく笑いながら、
「申し訳ない。僕、個人的に、その人の過去って、全然気にしない質なもんで…。」

「な~~んだってさ…。ふ~~ん。」
ビールを一口飲んでの獏。
「まっ。一番、怪しいって言うのは、僕は、北取締役が濃厚…、だと思うんだけど…。さ。」
そして獏、葉子を見て、
「選さん…???」

そんな獏を見ての匡子。そして葉子を見て。

横浜トランキルマンヘブンズホテルから出ての4人。
海江田が車の中で美海に電話報告。
そして車内で作成した報告書をそのまま美海宛にメール送信。
そして扶桑に戻っての4人。それぞれの部署に戻り、陣屋と鳩崎に報告。

鳩崎、海江田と都沢に、
「お疲れ。ご苦労。」

陣屋も、紫と葉子に、
「うん。ありがと。お疲れ様~~。」

そして、仕事帰りにカフェ匡子。

葉子、海江田の声にサワーのグラスを両手で握りながら、
「私は…。まだ…、分からない。ただ…、今は、名前が挙がってきただけでも、御の字、収穫って感じで…。」

輪湖、
「私も…、課長と同じ~~。話を聞いていると、どうしてもね~~。」

けれども、秀美も、
「うん。ですよね~~。…でも、もしか…したら…。その3人が浮上してきたと、言う事は~~。また…、別の人の名前も…、出てきたりして…。」

「…って言うか…、珍しいね、コイチ、まだ…、仕事…???」
輪湖。

「あ、あ~~。佐賀美君、ちょっと帰り、遅いかな~~。午後から名古屋に…。」

葉子、
「わお。」

輪湖の前から食べ終わった皿を下げる佐武郎。

輪湖、
「あっ、ありがとう~。ご馳走様~~。」

「…で…???…選さん…、キャッスルチャイナの社長の秘書の画像、あれって…???…多分、あの面々では、探し得ない画像…、だと…、思うんだけど~~。…もしか…、して…。…おとうさん…???」

その声に葉子、思わず目をパチクリ。

輪湖も秀美も、
「へっ…???」
「えっ…???」

瞬間、匡子、
「ぷっ。かかかか、ベストセラー作家。選稜平~~。」

「えっ…!!!…選稜平~~。あの…、ベストセラーの…???」
いきなり秀美。
「うそ…???…おとうさんって…???葉子先輩…???」
目をパチパチとさせて秀美。

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,089.   「川峯さんも、宮越先生と過去に…、何か…???」

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋