ドキドキ 美琴、机に両手を付いて杏樹に、
「じゃあ、始めてくれる。」

杏樹、
「畏まりました。」
けれども杏樹、
「でも、最初に社長。社長にとっては、扶桑のこちらの4人は…。…確かに、都沢さんと鈴村さんは当ホテルには何度か…。…でも、海江田課長と選さんの方は…。」

その瞬間、美琴、いきなり左手を口に、
「あらやだ。ほ~~んと。」
すぐに机から離れてソファに。そして、4人の前で丁寧に頭を下げて、
「申し訳ございません。私とした事が…。横浜トランキルマンヘブンズホテル社長、鶴来美琴と申します。」

いきなり4人も立ち上がり、それぞれ名刺を…。

一番手前の葉子だけが、丁寧に鶴来にお辞儀をして、
「私は…。…申し訳ございません。一般社員なものですから…、名刺は…。」

目の前の女性に美琴、微笑んで、
「いいえ。とんでもない。鶴来です。」
右手を女性に。

葉子、その手を受けて、
「扶桑、財務企画の選葉子と申します。」

隣の紫が、名刺を差し出しながら、
「同じく、財務企画の鈴村と申します。」

美琴、
「恐れ入ります。鶴来です。」

そして、都沢、
「営業推進の、都沢と申します。」
名刺を…。

「ありがとうございます。鶴来です。」

そして…。
「初めまして。扶桑、営業推進部、課長の海江田獏と、申します。」

そして、いきなり尚登、4人に向かって、深々と頭を下げて、
「みなさん、ありがとうございます。」

4人がいきなり阿刀田を…。

海江田、
「常務。」

3人も、それぞれ、
「常務…。」

そのお辞儀の姿に、杏樹もいきなり頭を下げて…。

尚登、困ったような顔をしながらも微笑ましい顏で、
「何々…、とにかく、とんでもない状況になっているって…。私も…、杏樹さんから詳しい事を聞いて…。」
いきなり尚登、右手でうなじを撫でるように、
「いやいやいや、このホテルが…。いや…。ある意味、呆れ果てて…。」

杏樹、そんな尚登に笑顔で…、
「常務。」

すぐさま尚登、
「あっ。いや…。はははは。すみません。」
コクリと。
「何か…。変に感情的になってしまって…。」

美琴、杏樹に、
「専務、じゃあ…。」

杏樹、その声にコクリと。
「はい。では、今までの進捗になりますが…。…残念ながら、私の方でも、外部からの…。…でも、これがなかなか…。」

海江田、
「ん~~。確かに…。…僕らも…、雑誌元の記者について考えたんですけど…。当然、記事に関しての…。けんもほろろ。そっちの方が一番の近道と、考えたんですけど…。…で、それ以外が…。」
杏樹の顔を見て…。

「えぇ…。ホテルの外部の関係筋を…。…けれども、その方向性で行くと、必ず、企業間としての信用問題に発展し兼ねなく、大きなアクションは…。…低姿勢で、継続している。そして続けて行こうと…。その矢先に…。扶桑さんの方から…、ホテル内の個人情報…。」

紫と海江田、同時に、
「はい。」
そして、紫も海江田も、チラリと葉子を見る。

葉子は、自分のタブレットに集中。

ここでも4人はタブレットを使用している。
ホテル側からも、何かしらの情報があれば4人の持っているタブレットに送信、
そして、受信されるようになっている。

杏樹、
「まさか。とは、思いましたが…。残念ながら、ホテル側の社員の個人情報を外部には、法律上としても…。」

紫、
「分かっております。…ですから…。」

杏樹、
「はい。私どもの方で…。」
そして杏樹、持っているタブレットの…、「トン。」

4人のタブレットに情報が…。

先に、百貨店扶桑の美波に、ホテル側の個人情報の話が持ち上がった時点で、
社長の天春、そしてホテルの社長の鶴来の間で、
扶桑側とホテル側とのコンプライアンスの提携が、対策室のメンバー、
そして、そのメンバーの所属部署の課長以上のみとして決定付けられた。
あくまで、今回のM&Aの一件が解決するまでの限定として。
解決した時点で、この提携は解除される。

尚登、その場から杏樹の下に移動。杏樹の持っているタブレットを自分も…。

海江田と葉子、
「3人が…、中国人…。」

紫、
「うん。」

都沢、
「そぅ…ですね。」

杏樹、
「先にみなさまに送信した情報の更に進捗となります。」

そして、その情報の中には、尚登の情報も…。

葉子、
「阿刀田…常務~~。」

その声に尚登、深々と頭を下げて、
「申し訳ない。」

「でも…。…先ほど、ここに来る途中で、阿刀田常務からは、本人の過去の事を…。」

紫と都沢、
「えぇ…。」
そして、鶴来と久留巳を見て…。

美琴、
「阿刀田常務。」

杏樹も尚登を…。

尚登、またまた頭を深々と、
「誠に、申し訳ない。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,085.   美琴、「じゃあ、始めてくれる。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋