PXL_20221115_085721615.jpg

先日お高い肉を買ってまいりました。

近所の精肉店で、仙台牛約150gが712円。
冒頭写真のお肉で、霜の入り方がアートの域に達しています。

その後、家のフライパンで焼いて実食。
脂の甘味が絶妙で、エグい旨さです。

PXL_20221115_094636073.jpg

めっちゃくちゃ贅沢なことをした気分ですが、よくよく考えると大した額ではありません。

上記の通り、肉は約700円。
ご飯、野菜(もやし・玉ねぎ・かぼちゃ)、キムチ、焼肉のタレを合わせても1,000円はいきません。

同じような内容の仙台牛セットを焼肉屋で注文すると、ランチでも1,500~2,000円はくだらない。
焼肉の味は、素材に依るところが大きいと思っています。
家でも店でも肉が同じならば、味にそれほど差は生まれないはず。
事実今回家で焼いた仙台牛は、これまでに焼肉屋で食べた霜降り和牛と遜色ありませんでした。

外食全般で言っても、今日びチェーン店の定食やらラーメンやらでも、600~800円します。
個人店とかだと、普通に1,000円ぐらい。
コーヒーとかでも、ちょっと凝ったやつだと500円オーバーです。

余程時間がないなら別ですが、何気なく外食するぐらいなら、家でいい肉を食べたいと思います。
確実に後者のほうが美味しいし、記憶にも残る。
肉を焼くだけなので、大した料理技術も必要ありません。

高級焼肉の自炊はコスパがいいと分かりました。
逆に言えば、はっきりした目的のない外食は相当にコスパが悪いです。
Source: Time is money  キムのお金日記