□ 日経先物テクニカル : 日経先物(CME225)は10月下旬の三角持ち合い上振れ気配、先週末の20日線に下値抵抗を示した陽線 & 10日線超えにより10月序盤からの上昇トレンド継続が本線。ただし、一本の大陰線によるMACD陰転をはじめとした複数の売りサインの同時点灯には要注意。

big (18)

■ 今週の展望 : 上昇トレンド継続 ± 外部環境

先週末のNY市場は、米10月雇用統計における市場予想を上回った雇用増加によるインフレ加速懸念に対して、失業率上昇によるインフレ・FRBの利上げピッチ鈍化への期待が上回る格好で反発。日経先物は27,480円(+290)でナイトセッションを終了。

よって、今週は27,000円台半ばでの堅調スタート後、好テクニカルなりの買い優勢の展開をベースとしつつ、火曜の米中間選挙や週後半の米物価指標を受けた外資系動向次第では上下に波乱余地を残す不安定な推移が予想されます。想定レンジは26,800~28,000円。

個別に関しては、外部環境の不透明感+決算シーズン佳境により、買われる銘柄と放置・売られる銘柄の二極化進展が不可避。また、COP27に絡めて期待が浸透している環境関連銘柄に関しては、むしろ(NY展望で触れた経緯から)米中間選挙での民主党大敗による資金流出リスクを念頭に。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

週末も応援よろしくです!☆


今週の戦略(抄)は本日15時配信の無料メルマガで!

        

mglogo_c3    
Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆