本日の日経平均は反落。冴えない米大手IT企業の決算を嫌気して売り優勢で寄り付くと、一時27,000円割れまで軟化。押し目買いが支えとなって昼頃に27,265円(-79)まで切り返したものの、今晩の米PCEデフレータを中心とする週末リスクへの警戒感が重石となり、引けにかけては再びジリジリと下げ幅を拡大。

東証主力株は売り優勢。9983 ファストリ、6954 ファナック、9984 ソフトバンクが値下がり寄与度上位(1,2,4位)を占めた経緯からは、先物での短期筋主導の下落(≒一定の反騰余地を内包)とみるのがスマート。

日経平均 27,105円 -240、Topix 1,899 -6

日経先物 27,010円、為替 147.44円/ドル
big (9)

■ 後記 : 今週の日経平均は「リバウンド第二波の継続」をメインシナリオとした週初の展望内で経過。米ハイテク株の決算悪とそれに対する株価の底堅さは想定外と言えますが、相場の地肩が強くなっているとも、FOMC前後の下振れのための値持ちの良さとも受け取れだけに油断は禁物。

来週は乱高下は不可避なだけに、「8月以降、何かパッとしないな・・・」とお感じの方も、奇を衒わない正攻法にて機を見て敏に動いていってください。

(会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 今週もお疲れさまでした。

「スマレジみてるよ!」・・・こちらも是非!

      

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

来週の戦略(抄)は10/30(日)15時配信の無料メルマガで!

        

mglogo_c3    

Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆