先週の事。
かねてから日常的にサボるサブマネージャーと、その腐りミカンに悪影響を受けた二人が朝から何もせず、ただ売り場で喋り続けていた。
私が職場に入った朝10時、売り場の商品は補充される事もなく、配達された入荷商品は段ボールに入ったまま40箱が放置。
しかし、これは半年前からマネージャーが休みの日の日常であるから、頭に来たが私は自分のすべき仕事をこなした。

が、しばらくして売り場が忙しくなり、客がレジに並んでいるのが目に入ったが、あの売り場にいるべき3人の姿が見えない。
私は新人さんに付いていたから、売り場にいるべき3人が同時に消えるのはオカシイ。
私は休憩室を兼ねたスタッフルームのドアを開けた。
3人が喋っていた。

これまでの私の中の「エエ加減にせえよ」が爆発、何やってんのよ?と怒鳴った。
サブマネージャーは「マネージャーの作ったシフトが気に入らないから話してただけよ」と言った。
私は「どうでもエエから、売り場に立ってて。シフトより、優先すべきは商品を売る事ちゃうんか?」と聞き返した。
サブマネージャーは下を向き売り場に戻った。

客が落ち着き、私はサブマネージャーを呼んだ。
「ええか?アンタの役割と役職はスタッフと一緒になってマネージャーの悪口を言う事やない。スタッフの愚痴を簡単に聞いて、マネージャーに話すなら話す、気に入らないなら自分からマネージャーにちゃんと話すよう促す事が仕事や。あの子らは38歳のエエ大人や。25歳のマネージャー相手に言いたい事があったら言われへんはずない。休憩室でコソコソ話して今何の解決になる?優先すべきは仕事、売り場で売る事ちゃうの?」と聞いた。
サブマネージャーは何も言わなかった。

私は呆れて売り場に戻り、38歳の入って一年目のスタッフは私を無視。
話しかけたが無視を決め込んでいた。
あとの一人は私を避けるように顔色を見て働き始めた。

夕方私は職場を去り、その日休みだったマネージャーにメールした。
休みにゴメンやけど、私アカンわ‥もうコイツラと働かれへん‥と。
マネージャーから夜まで返信がなかったが、夜になり「あれから職場に行ってきた。一人ずつ呼び出し、店内の防犯カメラを巻き戻して見せ、売り場にいるべき時間内の4時間ものあいだ姿を消していた事を本人達に見せた。これでサボってませんでしたとは言わせない。何故キレられたか説明せんでもわかるよね?と言うて来た」と返信が来た。
私が帰ってから、更に4時間ものあいだ売り場から消えていたのである。
結局、気に入らんシフトと言うのも、土日は休みたい、責任を持ちたくない、日常的なスタッフ不足でやる事が多いのが嫌‥などが理由だった。

この腐りミカンを切れるもんならそうしたい。
しかし、人材が足りない。
夏、この腐りミカン3人のせいで辞めると言い出した子を何とか引き止めたが、またいつ別の子が辞めたいと言ってくるか分からない。
スタッフが足りない方がよほどストレスも悪影響もないが、今回は警告で終わった。

マネージャーから怒られたからか、今週は当たり前の事を当たり前にはやっている。
これがいつまで続くかはわからん。
普通に働いてくれるだけで良い。
その普通の人が来ない。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記