おはようございます。

先週末のNY株式市場は反落。10月ミシガン大学消費者信頼感指数における「消費者の1年先の予想インフレ率」が3カ月ぶりに5.1%まで上昇したことで、FRBの積極的かつ長期的金融引き締めへの懸念が再燃。日経先物は26,570円(-480)で取引を終えているため、本日は売り先行でスタートした後、引けにかけては週初需給を加減した推移へ。想定レンジは26,500~27,000円。

big (9)

★ 本日の戦略 : 脇と的を絞った押し目買い!

4%水準が定着してきた米長期金利の更なる上昇に伴う株式市場のショック安に備えるべく、3割程度の余力維持、弱テクニカル銘柄の大胆な縮小( → ★ 日経レバへの乗り換え)、手仕舞い条件の徹底などによるリスク管理を継続。攻撃面では少なからぬ“反騰第二波入り”期待を念頭に、ターゲットと条件を絞った仕込みスタンスを邁進。

☆★Sラボ銘柄戦略 : 9月下旬の日経平均26,500円割れを「下方オーバーシュート」と捉えた日経レバの逆張り対応が有効に機能。先週はダブルスコープ(6619)の上昇に加えて、買いそびれの後に大幅高となったハナツアー(6561)の代替対応のITBOOK(1447)が「参戦初日に16%高」の暴騰に。

★ 1570 日経レバ  
9/26 + 9/28 ≒ 12,878 → 10/6 14,135 +1257 9.7%上昇
会員サークルでは9/28 12,500円付近を買い向かった後、14,100円台までの上昇過程での5割+アルファの売却(10/6) → イメージ通りのリバウンド第一波後の鋭角な調整局面を13,700円付近、13,300円台にて買い直し → 先週末13,800円台までの上昇過程で5割強の利確…と展開中。本日の押しも買い直し好機として対処。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もよろしくお願いします
           
 

★ 新・Sラボ主力銘柄

会員サークルでは先週木曜からの参戦。日経レバやダブルスコープとは異なる、地合い悪化中のテクニカル損傷が少ない銘柄での「マイルドな上昇波動形成 ≒ ポジションの中核育成」狙い。目先の押しを丹念に集めながら、上昇時の売りすぎ注意に注力!

☆ 本日からの新スポット銘柄
ダブルスコープに代わる材料株のリバウンド狙い。8月の好決算も折からの地合い悪に埋もれましたが、~(略)~を背景に本格反騰トレンド入りが近いと判断。
『 奇策を避けた正攻法にて足場固め!』

10/11-20スタートコースの新メンバーさん募集中!
   
4343aquab02-001    

Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆