electricity-4666566_1280.jpg

電気料金削減のために、2019年1月に新電力のLooopでんきに切り替えました。

新電力に切り替えてみた

契約時にAmazonギフト券3,000円分も貰え、電気代の削減にも成功しました。
しかし、昨今の電気代の上昇。
Looopでんきにもその波が押し寄せて、何度か電気料金改定のお知らせが来ました。

Looopでんきは基本料が0なので、使用量が少ないと有利。
しかし、電気代の改定により、夏場のクーラーを使う時期だと、東北電力のほうが安い水準まで上がってしまいました。
料金の一部は、市場変動価格となり、変動も大きくなっています(基本的には値上げ)。

さらに、12月からは料金が完全に市場変動価格になり、さらに30分ごとに電気料金が代わっていくことのこと。

「電気代の1,000円・2,000円ぐらいあまり気にせんと、快適な生活を送ろ」と思っていましたが、ここまで変動して、爆上げリスクありとなると、おちおち冬場の暖房も使ってられません。
新電力・Looopでんきからの撤退を決意しました。

避難先は無難に東北電力に。
もっと安い新電力会社もあるかもしれませんが、情勢が不透明なので安心・安全の東北電力にしました。
若干遅かったかもしれませんが、10月はまだ暖房を使うシーズンでもないので、そこまで被害は大きくないはず。

ありがたいのは、面倒な解約手続きをしなくても、東北電力側に申し込めばOK。
先日申し込んで、あとは手続きの完了を待つだけです。

一部の新電力会社は相当に厳しいことになっているらしいので、皆様もご確認ください。
Source: Time is money  キムのお金日記