前場の日経平均は反落。直近の軟勢によるテクニカル悪化、前日のNY株安などを嫌気した下放れスタート後、売り一巡後もNY株先物の軟勢や3連休前のポジション整理売りが重石となり、27,500円台で軟調に推移。東証主力株は値がさ・ハイテク株を中心に売り優勢。

中小型株は連鎖的に投げ売りが広がる中、5032 AnyColor、5035 HOUSEI、4936 アクシージア、4487 スペースマーケット、6080 M&Aキャピタル、9279 ギフトなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 売り優勢 ± 先物需給

前場同様の軟調地合いによる27,400円台後半から27,650円レンジの推移が本線。連休前の先物での玉整理に起因する突発的なブレ ≒ 27,400円割れ、27,700円超えも念頭に。

■ 午後の戦略 : 余力残しの押し目買い!

連休明けの「下落トレンド継続」に備えた3割+アルファの余力維持、手仕舞い条件の徹底方針を継続。一方、現況の軟勢は少なからぬ連休前の特殊要因(ポジション整理・チョウチン筋の投げ売り)が加味されているだけに、買いレンジ内はお気持ちの許す範囲で毅然と買い向かいたいところ。

★☆Sラボ銘柄戦略 : 連鎖的投げ売りの顕著な東証グロース系での信用枠をフルに使った強引な勝負は避けつつ、基本スタンスとしては従来のものを踏襲していってください。

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。
  
人気ブログランキングへ  
   
Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆