ドキドキ 「うん。ここに書いてある。」
葉子。

その部分を見て輪湖、
「あ、ほんとだ~~。ふんふんふん。」

「そっか~~。輪湖ちゃん、スカウトされたか~~。うんうんうん。でも、確かに。何かの雑誌の表紙飾っても全然オッケイって感じだもんねぇ~~。ふふん。」
腕組みしながら匡子。

そんな匡子の前からお皿をふたつ持って、佐武郎が輪湖と葉子の前にメニューを差し出す。

輪湖と葉子、
「わっ、サンキュ~。」
「ありがとう~~。」

匡子、
「はい、召し上がれ~~。」
そして、
「私…、個人からすれば、輪湖ちゃんもヨウちゃんも、どっちもスカウトされてもいい感じって思うんだけど…。」

瞬間、
「ぶっ。」
ビールを飲みながら咽る虎一郎。

輪湖、すぐさま、
「失礼ね~~。折角匡子さんが…。」

葉子、
「いただきます。…でも、私は…、仮にスカウトされても、無理だな…。」

その声に匡子、葉子を見て、
「えへぇ~~???」
けれどもすぐさま、
「あっ。う~~ん。確かに~~。ヨウちゃん、感情、表に出ないもんね~~。」

そんな葉子に輪湖、
「葉子~~。」

料理を一口食べて葉子、
「うん。おいし。」

「完璧に、モデル気質、あると思うんだけどな~~。輪湖ちゃんもヨウちゃんも。」

すぐさま葉子、右手を振って、
「無理無理無理無理、無理無理無理。しかも私、案外、派手な事、目立つこと、嫌いだし、出来ないし。」

「ふ~~~ん。」
こちらも料理を食べながら、
「私…だったら~~、葉子と一緒にスカウトされたらすぐさまOKなんだけどな~~。うんうん。おいし。」

そんな輪湖に葉子、
「えへぇ~~。なんでよ~~???」

輪湖、
「ほら、何かしら…、芸能界で。切磋琢磨出来そうって…。」

そんな輪湖に葉子、
「ふん。」
そしてまた料理を…。
「…で、どうすんの~~。結果…???」

ビールを飲んで、
「へぇ~~。凄ぇや。立ち上げて早々、こんなにタレント、いるんだ…???」
虎一郎。そして…、
「あ、あれ…???うそ―――――――っ!!!」

匡子、
「何々…???…どうしたの…???」

「こ、これ…。この人…。」
顔を傾げて、
「へっ…???あ…れぇ~~。」
そしてスマホで検索して…。
「わわわわわ。や~~っぱり~~。ヨコタフェリックスのCМ~~。今、超話題~~。」

匡子、
「ヨコタフェリックス…って、あの…、ヨコタ自動車の…???」

その声に虎一郎、
「うん。うんうんうん。今、この車、爆発的ヒットしてるんすよ~~。へぇ~~。このCМ、この人だったんだ~~。名前…、大門拓斗(だいもんたくと)って言うんだ~~。凄ぇや。」

輪湖もスマホで検索して、
「あ~~。ほんとだ~~。うんうんうん。私もテレビで見た、このCМ~~。うんうんうん。確かに凄いよね~~。この人~~。このCМでいきなりトレンド入りもしてるから~~。」

匡子、
「おやおや。輪湖ちゃん、何かしら…、その気になったとか…。」

けれどもその声に輪湖、首を振って、
「ううん…。だってさ~~。こういう人たちは、何かしら、こういう仕事、目指してこういう世界に入ったんでしょ。スカウトされて、なんか…、ヨッシャって感じで…。…でも、私の場合…、それほど…。」
少し苦笑いをしながらも輪湖、
「…それに…、葉子も言うけど…、私たち…。」

すぐさま匡子、
「30…。」

輪湖、その声に、声には出さずとも、両眉を上下に。そして、
「それほど、芸能界に、拘る理由って、何も…。」

葉子、輪湖の隣で、
「な~~んか、勿体ないねぇ~~。折角…。」
ワインを一口。
「こんないい話があるのに。」
そして輪湖を見て、
「輪湖~~。」
口を僅かに一文字。そして笑顔で…。

瞬間、輪湖、
「あっ!!!」
目を見開いて。

瞬間、葉子、目をパチクリと、
「わっ。びっくりした~~。」

輪湖、
「葉子、私と一緒に、その…、スカウトの人に会ってくれない…???…一緒に芸能界にって…。」

葉子、いきなり、
「はっ???」

輪湖の隣の虎一郎、
「うそ―――っ!!!」

匡子は、いきなり状態を前に、
「ぷっ。くくくくく。」

佐武郎も笑顔で…。

匡子、
「そう来たか…。かかかか。」

輪湖、葉子の右肩を揺らして、
「ねね、葉子~~。そうしよ。そうしよ~~。」

途端に葉子、懸命に首を左右に振って、
「いやいやいやいや。いやいやいや。私は絶対にダメ。嫌。全然ダメ。輪湖もそれ、知ってるでしょう~。私、人前に出るのって全くダメ。ど緊張するから~~。それに、派手な事も一切ダメ。芸能界なんてとんでもない。」

そして、一拍置いて葉子、
「絶対に。ダメッ!!!」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,007.   佐武郎が輪湖と葉子の前にメニューを差し出す。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「3センチの中央線」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋