さて19日はエリザベス女王の葬儀となり、学校はお休みと決まったが、私の会社はまだ未定。
本社があるロンドンは全店舗お休みにする‥と思う‥多分周辺の店舗もそうなると思うからバランスとして‥とエリアマネージャーは言っていたが、カーライルのショッピング関係は未定のまま。
何で?
カーライルてイングランドの一番北にある天気予報にも出ない町やから?

昨日、職場のスタッフルームで同僚と弁当を食べていたら、エリザベス女王の葬儀の話題になった。
エリザベス女王の話題というか、ハリー王子の嫁がよくも来れたもんだ、伝統を重んじる事に息苦しいとイギリスの象徴をけなしたくせに‥
という内容だった。
同僚のような私より若い世代からは人気は案外低いのか‥
やはりイギリス王室というのはイギリス人にとっての大きな象徴である事は間違いないが、私は何よりカミラという不貞行為の果に王妃になったあの鉄の心臓を持つしたたかな女の笑みと、結婚前からカミラと関係が切れなかったままに最終的にはカミラと一緒になったチャールズ新国王の方が酷さで言うなら一番やないのかと思っているから、ハリー夫妻など気にもならない。

イギリスに嫁ぐとき、ヘンリー8世の本を読んだ。
我が欲を満たす愛憎劇に翻弄された女達、次の女と一緒になる為なら何でもする国王。
今の国王だって人間であるから、それも許されたのだろうか‥
そういう意味でもイギリス人は心が広い。
カミラが手を降る姿に手を振り返す国民を見ていて、そう思う。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記