先日、娘の友達が遊びに来ていた際、その子のお母さんと私がよくお茶に行く為、ついつい長話になった。
話題は物価高と光熱費の高騰。
娘の友達は馬を2頭所有している為、毎朝、毎夕2回馬の世話に忙しい。
朝は学校に行く前の早朝からせねばならず、馬を預けてある馬舎も光熱費の値上がりにより、10ポンド上がったと言った。

お母さんによれば、ここ最近の光熱費の高騰により、お風呂の回数や洗濯の回数が明らかに減り、臭う姉妹の話になった。
姉妹が近所に住んでいる為、よく姉妹を乗せて馬舎までいくそうであるが、その臭いがホームレスのようで‥と言った。
あまりに強烈な臭いであるから、姉妹のお母さんに話したらしい。
案の定、光熱費の高騰により風呂を週1にしたと答えたと言う。
ただ、体は湯で絞ったタオルで拭いているとの事で、余計なお世話になるから洗濯回数は聞かなかったが、多分似たようなもんだと思う。

光熱費は6月から60%以上上がっている現状、寒くなる冬は暖房を切るわけに行かないとなると、シャワーやお風呂の回数を減らし、毎日洗っていた衣類を数日着て洗濯‥となるのも無理はないが、ただ臭いだけは‥と話した。
まあ娘の友達など、そもそも洗髪は週1だったから、あまり変わらん気もするが、中学生は小学生と違い体の成長から体臭も強くなると思うから、週1でイケんのかと考える。

新しい首相になり、減税すると言うているが、この光熱費と食品物価の高騰をどこまで助けると言うのか‥
期待したいところである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記