7月15日、娘が9月から通うハイスクールのユニフォームを学校指定の店のホームページからオーダーした。
一ヶ月が経過しても何も言ってこないので、店に直接行ってみた。 
無愛想な女二人が対応してくれ、「今週末に来ます。届いたらメールしますので待って下さい。店は一番忙しい時期なので、来られても対応出来ない」と言われた。

結局メールは来ず、翌週は夫に行ってもらった。
やはり「週末に来る」と言った。
そして来なかった。

そうして翌々週の今日、いよいよ学校が始まる1週間前になり、まだ連絡が来ないので夫に行ってもらった。
夫がどんだけ待たすねん!!と言うたかどうかは知らんが、「とにかくまだ工場から連絡が無いから私達に言われても無いもんは無い」と店員は言ったらしい。
来週から学校である。
洗って名前を縫い付けて‥とせなアカンから、前日に来ても困る。

店員は「店の2階に在庫があるので、そこから持っていきますか?」と夫に聞いた。
夫は「オーダーしたのと同じのがあるなら、それで」と言った。
店員は2階に上がり、オーダーした通りのユニフォーム一式を揃えて降りてきた。
あるやん‥!!
夫は「在庫はあるんですね‥」と困惑して聞いた。
店員は「常にありますよ、ユニフォームショップですから」と言った。
夫は「今日合わせて3回ここに催促に来て、何故に在庫をくれずに待て待てと言ったのか?」と聞いた。
店員は「工場から出来たてのユニフォームが欲しいのかと思った」と答えたらしい。

シュークリームやあるまいし、出来たてホヤホヤの意味が分からん。
謝罪は当然無いが、ユニフォームは揃った。
これから、このユニフォームショップと関わるのがストレスになること間違いない無しである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記