■ 今週の展望 : 売り優勢 ± メジャーSQ月初の特殊需給

8月半ばの上方オーバーシュートによる29,000円超え、直近のFRBの利上げピッチ減速期待による反発相場などの反動による売り優勢の展開が本線。想定レンジは27,600~28,600円。

先週末のパウエル・ショックによる投げ売り一巡後は相応のリバウンドが期待されますが、週末の米8月雇用統計を前に積極的な実需買いは期待しにくいだけに、メジャーSQ(9/9)も視野に入れた先物での売り方次第の荒い値動きに要注意。

big (3)

■ 今週の戦略 : 先週の「ジャクソンホール前のテクニカルの日柄調整」は、パウエルショックを起点に値幅調整リスクを高めています。※ 日柄調整≒良識的な下落、値幅調整≒鋭角な下落。

先週の「ストレス玉の大胆な縮小」にて一定割合はカバーできたものの、短期的な日経平均の底値の見えにくさ、個別全般の連鎖的投げ売りリスクを踏まえれば、今週は慎重度を更に高めた底打ち確認を優先しながら、極端に的を絞った打診買いスタンスを並行していきたいところ。

(1)底打ち確認を優先 : 27,000円台半ば-アルファの下押しに警戒すべく、3割+アルファの余力をキープ。過去の急落局面で基本スタンスとしてきた「直近安値日から3日程度の騰勢継続、10日線超えなどを基準に底打ち判断」で対応。

~(略)~

本日15時配信のメルマガより

        

mglogo_c3  

週末も応援よろしくです!☆

    
     

Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆