ドキドキ 杏美、右左を見て。

みな、口を尖らせながら…。

杏美、
「将輝君、今、付き合っている人、いるみたいなんですど…。」

その声に涼香の声、
「えっ…???」
数秒の沈黙。
スマホから、
「あ…、あの…。どうして…、あなたが、その事…???…何がなんだか…、分かんないんですけど…???」

杏美、
「あ、あ〜〜。はい。ごめんなさい。あ、あのぅ〜〜。今、目の前に、将輝君…、いるんです。」

瞬間、涼香、
「はっ…???」
そして涼香、スマホを左手から右手に持ち替えて、椅子を180度転換。
「えっ…???…どういう事…???…将輝が…???」

女子の声が涼香に、
「はい。将輝君、目の前にいます。…で、馨君も。」

涼香、また両眉の先を吊り上げて、
「はっ…???」
左手を頭に、そして髪を掻き上げながら、そして椅子から立ち上がり、
「一体…、どうなってんの…???」

杏美、
「す、すみません。すみませんけど。」
心臓が高鳴る。
「将輝君と付き合っているその人。将輝君と付き合うの、やめてもらえませんか。」

瞬間、女子たち、小さな声で、
「言った〜〜。」
そして、胸の前で両手を静かに叩いて。

栞奈、立ち尽くして、
「凄〜〜ご。」

蒼介、
「え〜〜ぇえ…。」
妻と流美を、目を真ん丸にしながら見て。

和奏、ソファの方を見つめる。そして流美も…。

いきなりのその声に涼香、思わず絶句。
数秒後、スマホから、
「そ、それって…。」

杏美、ゴクリと口の中の物を飲み込んで、
「私たち、将輝君と馨君の友達なんです。」

その声に涼香、またスマホを右から左に、
「はっ!!!…友達…???」
そして涼香、今度は右手で頭を掻いて、
「何がどうなってる…???」
そして窓際に…。

将輝と馨、両目を小刻みに動かしながら…。

「将輝と馨の友達って…???…しかも…女子。有り得ないでしょ。」

スピーカーから聞こえてくる涼香の声。小さな声で、将輝と馨、
「涼香…さん。」

「いいえ。私たち、将輝君と馨君の友達です。」
いきなり麻理絵。

「はっ???…別の人…???」
涼香、今度は、窓際から壁に移動。そして壁に背中を付けて、
「何々…、どういう事…???…訳分かんない…。」

麻理絵、
「今、私たち、理沙の家にいるんです。」

涼香、スマホに、
「理沙さんの家…???…えっ…???増々…、訳分かんないんだけど…。」

蒼介、
「ん〜〜。」
腕を組んで。

けれども和奏と流美は真顔でソファの方を見守る。

麻理絵、
「私たち、理沙が入院してから、麗亜ちゃんと将輝君と馨君に知り合って。それから…。」

その話に涼香、
「え゛〜〜〜〜〜っ!!!」

「…で、今、理沙の家で、麗亜ちゃんの高校入試、合格祝いで、みんな、集まってるんです。」

その話に涼香、ようやく事態を飲み込んで、
「あ〜〜〜。はいはい。そっか〜〜。うんうんうん。何とか…、理解できた…かも…。」

瞬間、蒼介、
「お〜〜〜。」

「えっ…???」
涼香、
「今…、なんだか…、遠くから、男性の声…、しましたけど…???」

「スピーカーです。」
今度は芙美。

何かしら、少しずつ緊張が緩んで来ている女子たち。

芙美、
「すみません。さっき話したのが石嶺麻理絵と言います。バレー部のキャップです。そして、私、真城芙美と言います。」

「そして、矢部雅美で〜〜す。」

涼香、思い掛けない事に、目をパチクリさせながら、
「あ、あ、あ〜〜。はい。」
そして涼香、
「…で、その…。私に…、何か…???」

「申し訳…ないんですけど…。」
今度は杏美。
「将輝君、その…、今、付き合っているその子、多分、その子、好きでもなんでなくって。」
そこまで言って杏美、思わず口に左手を、
「好きでもなんでなくってって言うのは…、ダメだよね。」

その声に女子たち2回ほど頷いて。

杏美、続ける。
「…って言うか、絶対に、将輝君、その子の事、好きにはなれない。…だとすると。その子、物凄い可哀想。将輝君、バスケの事、ばっかりだから…。…で、理沙の事に、一生懸命だから。」

その声に理沙以外、2、3回頷く。

栞奈、
「アズちゃん、良く言った。」

和奏と流美もニッコリと頷いて。

「…でも…。」
杏美、
「将輝君、その子に、そういう事、言えないと思うんです。口下手だから。」

瞬間、理沙、
「ぷっ。」

将輝は下唇をビロンと。そして顔をグシャリとさせて…。

芙美と麻理絵は小さく、
「くくくく。」

雅美も、懸命に堪えるように、頭を仰け反らせて、
「かかかか。」

その声に涼香も、
「ぷっ。言えてる。」
そして、
「だよね〜〜。」

信じて…良かった。   vol.215.   「将輝君と付き合うの、やめてもらえませんか。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋