金曜日は、山形の花笠まつりを見に行ってきました。

東北の夏は祭りが盛んで、各県に以下の有名な祭りがあります。

青森 ねぶた祭り
盛岡 さんさ踊り
秋田 竿燈まつり
宮城 七夕まつり
山形 花笠まつり
福島 わらじまつり

ねぶた祭り、竿燈まつり、七夕まつりが東北3大祭りと呼ばれています。

それぞれの祭りは、8月上旬に集中しており、全て巡るのは厳しい。
今年は、仙台七夕まつりに加え、アクセスがしやすい山形市の花笠まつりに行ってきました。

仙台から山形市までは、高速バスで1時間。
山形駅に着くと、祭りモードになっていました。

PXL_20220805_040619222.jpg

PXL_20220805_043249237.jpg

PXL_20220805_051611904.jpg

山形市内の主要観光は、2年前に仙台視察に来た際にしています。
祭りメインですが、それ以外の観光をちょろっとしました。

昼食は、山形駅構内にある山形・平田牧場のトンカツ屋。
金華豚という高級品種のトンカツが食べられます。
肉厚の豚が甘みが感じられ、美味かったです。
トンカツ屋は、ご飯や味噌汁に加え、キャベツ千切りがおかわりできるので、ポイントが高い。

PXL_20220805_044647750.jpg

続いては、山形美術館へ。
モネ、ピカソ、ゴッホ、ルノワール等の有名画家の作品が展示されています。
美術にそれほど造詣が深い訳ではありませんが、ミーハーな性格なので、有名画家の作品を見ると、いいなと思ってしまう性分です。

PXL_20220805_061746282.jpg

祭りは夕方~夜にかけて行われ、終了後に仙台に帰ることもできますが、少し慌ただしくなるので、この日は山形市内に宿泊。
おそらく1年で1番山形市が盛り上がる時期なので、宿泊費も高騰。
しかし、地域版Go Toで1泊朝食付、2,000円分のクーポン付でビジネスホテルに5,000円で泊まることができました。
Go Toがなければ、何でもないビジネスホテルが1万円近いと考えると、躊躇する値段。

PXL_20220805_064158260.jpg

ホテルで1時間勉強した後は、いよいよ祭り。
その前に、山形名物の冷たい肉そばで、腹ごしらえ。
山形では真冬でも、この冷たい肉そばを食べるとのこと。
カツオベースのスープに肉の脂が溶け出し、コシのあるそばと相まって、美味しかったです。
山形名物の玉こんにゃくも食べることができました。

PXL_20220805_084201019.jpg

PXL_20220805_083205903.jpg

そして夕方18時に花笠まつりが開幕。

軽妙なメロディーに合わせて、花の付いた笠を使って踊ります。
音楽としなやかな踊りがよく合っていて、笠も可愛い!

有志団体、企業、役所、学校と華やかor力強い踊りが続きます。
混雑はしていますが、場所を選ぶと最前列で見ることもできる。
気持ち良い夜風で、3時間以上ずっと見ていられます。
山形出身の橋本マナミさん、渡辺えりさんも登場しました。

PXL_20220805_101614779.jpg

PXL_20220805_115901997.jpg

PXL_20220805_120204494.jpg

PXL_20220805_101015082.jpg

PXL_20220805_111215196.jpg

PXL_20220805_120857613.jpg

この日は祭りに酔いしれ、ホテルに戻って就寝。
翌朝は、ホテルの朝食バイキングをいただきました。

PXL_20220805_221324552.jpg

PXL_20220805_222853168.jpg

チェックアウト後は、山形駅でフルーツパフェを食べて旅行の〆。

PXL_20220806_010934858.jpg

昼にバスで仙台に帰ってきました。

■旅費

旅費もまとめておきます。

仙台↔山形バス往復 2,000円
山形ホテル 5,000円 Go To適用
トンカツ 0円 1,980円でGo Toクーポン2,000円分使用
美術館 1,200円
冷たい肉そば 770円
フルーツパフェ 866円

合計 9,836円

特に祭り好きではありませんでしたが、全国に名を轟かすだけあって、花笠まつりは相当良かったです。
仙台在住の残り2回の夏で、他の祭りも見ておきたいですね。
Source: Time is money  キムのお金日記