ドキドキ いきなり理沙、目頭が熱くなって…。
遠くからも、合格で喜ぶ人たちの声。

理沙、スマホ越しに、
「うんうんうん。」

いきなり部屋の引き戸が、
「どうしたの…???」
びっくりしたような顔で…。和奏である。

思わず目に涙溢れた理沙が、後ろを振り向いて、
「麗亜ちゃん、名城、受かった〜〜。」

和奏、
「へっ…???」
そして、ニッコリと、
「そぅ〜〜。うんうんうん。ははは、おめでとう~~。」

理沙、スマホに、
「麗亜ちゃん、おかあさんもおめでとうって。」
ニッコリとしながら。

スマホ越しに麗亜、
「あは。おばさ~~ん。ありがとう~。」

理沙も、
「おかあさんに、ありがとうって。」

和奏、笑顔で、
「うんうんうん。」

理沙、頬濡らす涙ではあったが、
「あっ、ところで麗亜ちゃん、櫻美園は…???」

その声に麗亜、思わず舌をチロリと出して、
「はは、ダメだった。」
麗亜、傍にいる父と流美を見て。そんな麗亜の頭を撫でる流美。

理沙、ちょっと悔しそうに、
「そっか~~。」
母に、
「櫻美園はダメだったんだって。」

和奏も少し悔しそうに、
「そっか~~。でも、とにかく名城~~、合格おめでとうだね~~。」

麗亜、父と流美と歩きながら、
「4月からは、名城の生徒。理沙お姉さんも時々、学校来るでしょう~???」

理沙、
「あ~~。うん。時々はね。はは、麗亜ちゃん、後輩になるんだ~~。」

麗亜、ニッコリと、スマホ越しに、
「うん。理沙お姉さん、先輩だよ~~。」

「おじさんと流美さんと一緒でしょ。」
「うん、一緒。」

「ちょっと代わって。」
そしてスマホを母に。

和奏、クスリとにこやかに、理沙のスマホを受け取って、
「もしもし。」

そして、スマホ越しに、
「もしもし。あ~~和奏さ~~ん。」
流美である。

和奏、
「麗亜ちゃん、名城合格おめでとうございます~~。」

流美、活き活きとした声で、
「ありがとうございます~~。」

「じゃ、今日は麗亜ちゃんの合格祝い。」
ニッコリと和奏。

流美、その声に、
「え~~、え~~。もぅ、名城の合格発表で番号を見つけた瞬間にいきなりおっきな声で~~。」

「ははは。うんうんうん。とにかくおめでとう~~。…あ、理沙に代わります~~。」
そして和奏、スマホを理沙に。

理沙、受け取って、
「おめでとうございま~~す。」

和奏、瞬間、
「何か、お祝いしなきゃ。おし。」

将輝、部活の帰りにスマホのラインを見て、
麗亜の櫻美園は不合格だったが名城合格を知る。

馨、
「何…???おま、またあの彼女から…???」
ヘルメットを被りながら…。

「…じゃねぇよ。」
スマホの画面を見ながら将輝。

瞬間、馨、
「あっ、そっか~~。麗亜、確か、今日だよな、合格発表。」

「あぁ~~。櫻美園は落ちて、名城合格~~。」

その声に馨、
「へぇ~~。…と言う事は~。理沙さんの…、後輩って事になる訳か~~。アズさんや、麻理絵さんとか~~。…って言うか~。かかかか、麗亜、おめでとうじゃねぇか~~。」

将輝もヘルメットを被りながら、
「あ~~、うん。だな。」
将輝もヘルメットを被りながら、
「まっ、さすがは、櫻美園は無理ってかぁ~~。」

「そんな、難関校なのか~~???」
「あ~~。とうさんや流美姉ぇも言ってた。とにかく、桁外れだって…。」

「ふ~~ん~~。」
そして馨、
「さて~~。俺たちも、ここに来て、少し、緊張感、解れて来たって感じかな~~。…それにしても、おまえもタフだ~~。」

その声に将輝、
「あ~~ん…???」

「新人戦に、関東新人大会に…。よくもまぁ~~、あっち行ったり、こっち行ったりと~~。」

その声に将輝、自転車を跨いで、
「まぁな~~。俺も、中途半端は、やなもんで~~。やるときゃガッツリやるぅ~。」

馨、可笑しがりながら、
「なんだよ、それ。」

確かに。去年のウィンターカップ終了後も、
1月には新人戦本大会に、2月には関東新人大会。
そして支部対抗選抜大会と、試合を熟し、
しかも、理沙の車椅子バスケの練習と付き合っていた。
但し、あくまでも大会が優先だったが…。

しかも、決まって日曜日の…、特に柚花の都合の良い日には夕方に掛けては、
柚花ともデートまがいの事を続けていたのである。
しかし、柚花との場合は、その殆どが柚花のリードで…。

けれども、実際に柚花と直接共にした期間と言えば、凡そ3回程度ではあったのだが…。
将輝としては、面倒な事とは言えども、理沙からの、あの時の言葉で少しは、
こころ、穏やかな気分でもあった。

それでも、頭の中では常に、
「…仕方…、ねぇよな~~。」
の気持ちが半分は占めていた。

そして3月…。

信じて…良かった。   vol.208.   いきなり理沙、目頭が熱くなって…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋