8月は恐ろしいほど激務になる。
人材不足のまま夏休みがスタート、ギリギリでバイトが決まったが、その子達を研修するベテラン組がそもそも少ないから、月末までに育てるはずの新人が全く育っていないまま8月に入る。
私がコロナで4日休み、その前の週もベテランがコロナで休み、思うように担当の新人に付けない。

昨日も店内のスタッフが少ないと、ジジイが怒った。
スタッフ不足はうちの店にだけ起きている現象やない。
ニュースを見れば分かりそうなもんであるが、とにかく客は怒る。
日本領事館から、空港の人材不足により荷物が乗る飛行機に積まれず飛び立つ事案が頻発しています。と送られてきた。
多分、格安航空会社で行く人はとくにドタキャンとスーツケース紛失が多いと聞く。

不要不急の旅行はキャンセルしてくれ‥それが今年のイギリスの空港を助ける術らしいが、旅行は不要不急であれど、行きたいから行くねん、何が何でも!!と行く人が、そのお願いで取りやめるんだろうかと思ってしまった。
空港の人事の方がインタビューに答えており、「前にいた人に戻って来てと声をかけても、もう別の働き場を見つけたし、シフト制で働かなくて良い分、家族と過ごせるようになった。今更朝の3時に出勤するシフトには戻りたくないなど理由が多い」と言っていた。
来年の今、状況は改善されるのだろうか‥
私の職場を見ると、これからもずっと募集し続けて行きながら、結局コロナ前のように人は戻ってこず人材不足のまま行く気がする。
とりあえず夏の最後に2週間、有給休暇を消化せねばならないので、そこで体を休めようと思う。
娘とロンドンにでも行ってアフタヌーンティーなど行ってもエエかなと考え中であるが、今はまだ紅茶の味が私に分からないので味覚が戻れば‥である。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記