4日仕事を休んで職場に行った。
一応、マスクを3時間おきに取り替えての勤務であるが、誰がそれを気にするかというと、結局私である。
マスクをしても距離をスタッフから取ろうとする私に対し、この4日間で話したい事が溜まっていた店長やスタッフが、私が一人で在庫室にいると、「あのさあ‥」とコソコソやってくる。

私は後ろに下がりながら距離を取り聞いていたが、段々詰めてくる。
もうソーシャルディスタンスは死語か‥

私はてっきり嫌がられるんじゃないかと思って来た。
会社規定とは言え、陽性やのに来るんかい‥
内心そう思われているかもと思いマスクと距離を保ったのに、全く予想と違った。
私より、英国人の方が遥かにコロナと共存しているからなのか、それともマスクという魔法のシールドを着用しているからなのか、とにかく気にしていない感じが予想外であった。

昼過ぎ、店長がカフェから冷たいコーヒーシェイクを買って来た。
私の分もあり、それを換気扇も窓もない休憩室でドアを閉め会議と称する愚痴聞きの為に30分程二人だけで話した。
この人は怖くないんだろうか‥
気にしないんだろうか‥
忘れてんのかな‥私がコロナで昨日までベッドから出られへんかった事を‥

仕事終わりはさすがに足がダルくて、しばらくしゃがみ込んでしまった。
もう2度とかかりたくない。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記