前場の日経平均は大幅高。「FRBの過度の金融引き締め懸念の緩和」を建て前に急騰した前日のNY株に追随して堅調に寄り付くと、騰勢を継続しているNY株先物も追い風に節目の27,500円をブレイク。10時現在も27,000円台半ばでしっかりと推移中。

東証主力株は値がさハイテク株を中心にほぼ全面高。中小型株は 2437 Shinwa、6769 ザイン、8256 プロルート丸光、7794 EDP、7187 Jリース、6047 Gunosy、8698 マネックス、2930 北の達人などに短期資金が流入。全般的には短期資金の東証主力傾斜による派手さのない堅調ぶりに。

□ 午後の展望 : 利確優位も底堅く

節目の27,500円到達、明日の日欧中銀会合の結果発表を前にした利確優位の推移が本線。想定レンジは27,300~27,600円。楽観シナリオとしては、先物での仕掛け買いによる一段高 ≒27,800円トライ…を軽めに期待。

■ 午後の戦略 : 日欧中銀会合シフトの前倒し!

反騰トレンド第二波に順じた強気スタンスをベースとしつつ、明日の日欧中銀会合に起因する短期的なブレに備えるべく、ストレス玉の縮小を中心とした「3割+アルファの余力確保」を優先。「FOMC前の27,000円台後半はおまけの領域」も念頭に。

☆ 7744 ノーリツ鋼機 : 2,400円付近で取引を終えれば、テクニカル上の買いサインが更に増加。

【ウォッチ銘柄】

△ 7187 Jリース、3661 エムアップ、3926 オープンドア
勘助系銘柄 ≒ 腕力系テーマ株の騰勢が顕著に。

では 午後もよろしくお願いします!☆

    
   

Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆