ドキドキ 浩紀、
「小野倉淳…かぁ~~。またまた懐かしい名前…、出て来たね~~。」
将輝を見つめながら…。
「けど、あいつ…、今、なにやってんだ…???」

その声に将輝、
「えっと~~。その~~。」

柚花、ポツリと…、
「な~~んだかな~~。話が…、ふたりだけで盛り上がっちゃったりして~~。」

浩紀、そんな柚花に、
「あっ。かかかかか、そっか~~。かかか、だよね~~。…でも、いや。まさか、将輝…君…、だっけ…???」

将輝、
「あっ、はい。」

「弓狩さんの事。…って言うか、弓狩さん自体が、今、鴻上高校のバスケ監督しているなんて、思いもよらなかったから…。凄い懐かしいって思ってさ。…実際、弓狩監督の話をすると、かなり長くなるから…。」

柚花、
「ふ~~ん。」

結奈、
「は~~い、どうぞ~~。結花には、ミルクティ。将輝君には、ブレンドね~~。」
カウンター越しに。

柚花、
「あは。サンキュ~~。」

将輝、ペコリと頭を下げて、
「あっ、すみません。」

「はいはい。では、頂きます。」
柚花、
「これ飲んで、将輝君、買い物付き合って。」

将輝、
「あっ、あ~~。はい。」

その頃、ようやく瑞樹家に着いていた流美。和奏と一緒にリビングに。
「はは、なんだか話が盛り上がってるじゃない~~。」

麗亜、
「あっ、お姉ちゃん。おかえり~~。」

蒼介、
「ご苦労様~~。今、麗亜ちゃんの受験と理沙の大学受験の話で…。」

流美も、
「うんうんうん。」

麗亜、流美に、
「お兄ちゃんは~~???」

その声に流美、
「うん。家に送り届けた。…でも、その後は、分かんないけど…。何だろうね、予定って…。」

麗亜、
「ふ~~~ん。分かんな~~い。…でも、気になるよ~~。」

和奏、
「気になる…???」
麗亜の声に…。

蒼介も、
「ん~~。どうしたの…???」

流美も、何かしらハッキリとしない表情で…。
「ん~~。ちょっとね…。」

麗亜、
「お兄ちゃんのスマホに、知らない人のラインの画像。可愛い猫が2匹の画像の~~。」

その声に蒼介も和奏も、理沙も、一瞬、フリーズ。

けれども理沙、口を尖らせて、
「ふ~~ん。」

そんな理沙を蒼介も和奏も見つめるが…。

理沙、
「いいんじゃない…。将輝君には、将輝君の…。」

麗亜、
「何度かラインしてるみたい…だけど…。」

その時、和奏、頭の中で、
「…あっ。あの時…。」

蒼介、
「そっか~~。まっ、将輝君も、モテるんじゃないの~~。かっこいいもん。」

その声には麗亜も元気に、
「うん。」

その笑顔が可愛いと思って、蒼介も和奏も、
「うんうんうん。」
「だよね~~。」

理沙、口を真一文字に両目を小刻みに右、左に…。

麗亜、
「お兄ちゃんも、馨兄ちゃんも大好きだから。」

流美と和奏、そんな麗亜にニッコリと…。

蒼介、
「そういえば…、最近、馨君に会ってないね~~。」

和奏、
「あっ。うんうんうん。そぅそぅ。ねね、理沙、馨君、元気なの…???おかあさん、正月のほら、バスケの天皇杯。あの時の、丈師さんの車に将輝君の隣に馨君、見ただけ…。」

理沙、
「あぁ~~。うん。元気、元気~~。かかかか。何だか、アズと一緒に、ふざけ合ってたよ。」

麗亜、その声に笑顔で、
「うんうんうん。」

蒼介、
「へぇ~~~。」

「麗亜ちゃんも、馨君とは一緒に、会ってるの~~???」
和奏。

麗亜、その声には首を振って、
「ううん…。全然会えてない。子供の頃は、もぅ~~、毎日~~。学校帰りでも、土日祝日も…。」

蒼介、
「へぇ~~。」

和奏、
「そうなんだ~~。」

「お兄ちゃんも、馨兄ちゃんも、中学になって…。それでも、一緒に遊んでたかな…。でも、高校受験で、それどころじゃなくなって。」

その瞬間、理沙、
「ぷっ。くくくく。」

その笑いに流美、便乗するように可笑しがって、
理沙に蒼介に、和奏に、丁寧にお辞儀をして、
「その節は、大変ご迷惑やら、なにやら…。」
そして、舌をチロリと出して。

すかさず和奏、可笑しがって流美の左肩に右手を、
「かかかか。そぅそぅ。確かに。うん。あったね~~。家庭教師。いやいやいや。」

蒼介、
「う~~ん。…でも、あの光景は俺…、好きだな~~。あんな大勢で、しっかりと教えてるってんだから…。かかかか。」

麗亜、理沙に、
「あ~~ん。私も見たかった~~。」

理沙、
「かかかか。ごめん。ごめん。」

麗亜、
「…で、お兄ちゃんが、彼女、心臓病で、亡くした後には…、馨兄ちゃんも、学校以外じゃ、会っていないような…。休みの日は殆どの家で…。」

vol.185.   柚花、「これ飲んで、将輝君、買い物付き合って。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「3センチの中央線」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋