ドキドキ 玄関のチャイムが鳴る。

和奏、
「あは。来た。」
モニターに、
「どうぞ~~、開いてま~~す。」

蒼介、
「おほ、来ましたか~~。」

理沙、車椅子でするすると…。そして、
「はは、麗亜ちゃ~~ん。」

麗亜、
「キャハ、理沙お姉さ~~ん。」
ふたりで軽くハグ。

和奏、流美に、
「いらっしゃい。まずは、お昼ご飯。」

流美、
「了解。ふふ、買って来たわよ~~。」

「NICE。」
そして和奏、
「はいはい。上がって、上がって。将輝君。」

将輝、
「あ、はい。」

リビングでそれぞれを待つ蒼介。
「おほ。な~~んか、久しぶりだね~~。」

流美、
「かか、蒼介さん、仕事、忙し過ぎ~~。」

そんな流美に蒼介、
「かかかか、まっ。それもこれも、日本が明るくなるため~~。」
そして、口を尖らせて、
「悪を成敗。」
刀を持つようなゼスチャーで。

「な~~に、言ってんだか~~。」
2階から降りてきた栞奈。

流美、
「栞奈さ~~ん。こんにちは~~。」

栞奈、流美に丁寧にお辞儀をして、
「お世話になっております~~。」
そして、
「かかかかか。」
流美とハグ。

和奏、
「お姉ぇもみんなを待っていたの。…でなきゃ、今頃、家にはいないんだけど。3時過ぎからシフトが入っているからって…。それまで間に合えば。みんなで鍋を囲むんだから、大勢の方がって…。」

そして…、少し早めの昼食。全員で鍋を…。

そして、それぞれが、
「う~~ん。納得~~。」
「ねぇ~~。」
「ははは。」
「やっぱり…冬は鍋だね~~。」

「うんうん。元気出る、元気出る~~。将輝君、お肉ジャンジャン食べて~~。いっぱいあるから~~。」
ニコニコと和奏。

将輝、
「あ~~、はい。ありがとうございます。」

「それにしても、晴れて良かった~~。午後からは結構、気温も上がるみたいだし。」
蒼介。
「はは、理沙、いつものカイロ、要らないかも…。」

栞奈、
「な~~に言ってんの~~。とうさ~~ん。万が一の事あったらどうする~~。」

そんな栞奈に蒼介、下唇をビロンと、
「どうもしぃましぇ~~ん。」

しっかりと食べて、そして、しっかりと休んで。

将輝、
「んじゃ、やろうか。」

理沙、その声に頭をコクリと、
「うん。」

麗亜、
「あっ、私も行く~~。」

理沙、
「うん。」

蒼介、
「んじゃ、俺れも…。」

その声にまたまた栞奈、
「とうさ~~ん。折角、若いのが~~。ちゃんと3人にしてやる~~。もぅ~~。」

栞奈のその声に流美、
「ぷっ。」

蒼介、頭を掻いて、
「そ…お…???」

理沙、しっかりと着替えて部屋からボールを。
将輝も玄関の自分のバッグからボールを…。

麗亜、そんな理沙の恰好を見て、
「凄~~い。理沙お姉さん、完璧~~。」

理沙も、そんな麗亜に、ニッコリと、
「でっしょう~~。かかかか。」

そしてコートに。

そして軽い動きから、徐々に。

理沙、
「行くよ。」

将輝、
「おぅ。」

その光景を見ての麗亜、
「ワハ、凄~~い、理沙お姉さん、動き、早~~っや。」

理沙のオフェンス、そして将輝のディフェンス。

…あれから半年。もぅ既に将輝も理沙に手加減はしていない。
理沙も真剣な目で将輝を交わそうと…。ものの数分で、ふたりの額からは汗が…。
中々理沙のシュートが決まらない。

麗亜、
「あんなにシュートのチャンスがあるのに~~。」

将輝、理沙に、
「おらおらおら。」

理沙は食らいつく。

ドリブルをして、そして両手でボールを掴んで。
その時、将輝の顔を見てニッコリと。そして将輝の顔の前に一瞬だけボールを。
そして僅かに顔を傾げたか…。

将輝、瞬間、
「えっ…???」

理沙、思いっきり左のハンドルリムを動かし、将輝の前をスルリと。
そして、体を左に大きく傾かせて、思いっきり両腕を伸ばして、
「ふん。」

そのまま、ボールはバッグボードに吸い込まれるように当たりネットにザシュ。

瞬間、麗亜、
「キャ――――――――ッ。入った―――――――っ!!!」

リビングで見ていた蒼介、栞奈、流美、
「おほ、入れたね~~。」
「しかも、あんな体勢で…。」
「凄~~い、理沙さ~~ん。」

理沙、思わずガッツポーズ。
「おし。」

将輝、口を尖らせて、
「ふ~~ん。やるじゃん。」
そんな顔をしながらも理沙にハイタッチの構え。

理沙もその構えに右手を。お互いに、
「パン」

麗亜、理沙に駆け寄り、理沙の後ろから抱き締める、
「凄~~い、凄~~い。」

将輝、
「ほんじゃ次~~。麗亜~~、邪~~魔~~。」

麗亜、むっつりとした顔で、
「は~~い。」

理沙、麗亜の頭を撫でて、
「ふふ。」
そして、
「お~~し。」

信じて…良かった。   vol.181.   「やっぱり…冬は鍋だね~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋