ドキドキ 涼香、自分の席に就いて。

智花と和咲、
「ちょっと、涼香~~。」

次の授業の準備をしながら涼香、3人に、
「いい、言っとくけど。菅田将輝には近づくな。」

その声に3人、
「えっ…???」

智花、
「どうしてよ。」

和咲も柚花も頭をコクリと。

涼香、
「いい。もう一度言っとく~~。菅田将輝には近づくな。」

智花、涼香の机に両手を付いて、
「いやいやいや。だから~~。」

そんな3人に涼香、
「いい。菅田将輝は、バスケ部にいるから…、菅田将輝、なの。」

その声に3人、頭をチョコンと、
「えっ…???」

和咲、
「そ、それって…???…どういう…???」

涼香、今度は澄ました顔をして、
「だから、バスケ部にいるから、こその、菅田将輝。それ以外は…。」
顔を左右に振って、
「止めといた方がいい。泣くよ。」

「泣く…???」
和咲。

涼香、
「ふん。泣く。ハッキリ言って、泣かされる。」

智花、顔をクシャリとさせて、
「うそ…。」

「いやいやいや。うそって…。かかかか。もしかしたら、あんたたち、菅田将輝を…。」
顔を斜めに、そして目は空を見るように、
「例えば…。都井和真みたいに思ってない…???」

3人、
「都井和真。うんうん。バスケ部副キャップ。凄いよ彼。うんうんうん。かっこいい。…でも…、何か、雲の上…的、存在。」

「そんな風に、菅田将輝を…、感じているとしたら。」

3人、ニッコリと、
「うんうん。」

「痛い目を見る。」

瞬間、3人、目が点。
「えっ…???」

「確かに、菅田将輝、あの子、バスケで言えば、確かに、エース級だよ。ポイントガードとしては都内でもトップクラス。」

その声にまた3人、ニッコリと、
「うんうんうん。」

「…けど…、それ以外は…。」
そこで涼香、いきなり体をグッタリとさせて、項垂れた頭の上で右手を左右に、
「全然。」
体を持ち直して、
「止めといた方がいい。悪い事、言わない。傷つくの、目に見えてる。」

和咲、腕組みをして、
「え~~ぇえ…???」

「あ~~くしょい。う~~~。」
将輝、椅子に座ったまま。

そのくしゃみを聞いての周囲の生徒、
「かかかか。将輝~~。いきなりびっくりするじゃん。そんなでっかく。」

馨も、
「くくくく。まさか、おま、風邪じゃねぇだろうなぁ。」

するとまた将輝、
「あ~~くしょい~~。」

そんな将輝に近くの女子、
「やだ~~、うつさないで~~。」

将輝、そんな女子に、
「いやいや、風邪じゃねぇっつぅ…。」

そして部活。

昨日まで涼香の近くで練習を見ていた3人が、今度はまた2階に戻って…。

己龍、
「おぃ。あの3人、今度はまた2階。」

智一、
「かかかか。その内、飽きるだろ。」

涼香はチラリと2階を見て、思わずため息。
「ふぅ~~。ま~~た~~???…しっかし…。良くも飽きずに…。あれほど言ったのに~~。」

その声に恵、
「涼香先輩、何かありました…???」

「へっ…???あっ。」
涼香、恵にニッコリと、
「ううん。な~~んにも、うんうんうん。」

その日のお昼休み。涼香、3人に、
「菅田将輝、とにかく、あの子はバスケバカ。それ以外の何物でもない。女子と付き合うなんて、まず、本人からして、望んでない。いい迷惑。…まぁ…、これは菅田将輝の幼馴染の同級生。クラスも同じの神野馨も言っているけど、あいつ、女に全く興味ねぇよ。って。」

智花、
「神野馨、あの…、スリーポイントの…。」

涼香、頭をコクリと、
「うん。…で、馨が言うには…。」
そこで涼香、
「あっ、これ…、絶対に内緒だかんね。あんたらが、どうしても菅田将輝って言うから、私…。じゃないと、バスケのマネージャーでいられないから…。」

その声に3人、急に慌てて、笑顔で、
「あ~~、うんうんうん。涼香には迷惑は…。うん。絶対。」

「将輝、あの子、前に、彼女、心臓病で亡くしてる。それからだって、女子に興味なくなったの。」

智花、
「えっ…???」

和咲、
「あ、あ~~。」

柚花、唇を尖らせて…。

涼香、チラリチラリと2階の方を見ながら、頭の中で、
「…ったくもぅ~~…。」

そして木曜日。

体育館の2階から和咲、
「あっ、また車椅子のあの子。」

智花、
「ふん。何なんだろ、あの子…???」

柚花、
「ウチの高校じゃ、ないって…。一昨日も、弓狩監督の隣で…。…でも、切っ掛けが、菅田将輝って…。」

智花も和沙も、頷いて、
「うんうん。」

そして15分後、休憩。すると理沙、弓狩監督からハンドルリムをグイッと押されて。

そして尚哉からボールをパスされて。ドリブルをしながらゴールの近くまで。
そしてシュート。

それを見ていた2階の3人、
「うそっ。」

そのシュートに部員たち、
「や~~り~~。」
「はははは。」
「入った~~。」
「ナイス。」

そして全員が、
「イェ~~イ。」

涼香たち女子は両手を叩いて。

弓狩、腕組みをしながら、
「ふふふ。」

「菅田将輝は、バスケ部にいるから…、菅田将輝、なの。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋