economy-g956d06c4c_1280.png

ありがたいことに、ブログきっかけで多くのセミリタイア達成者の方と交流させていただきました。
ブログコメントやTwitterでの絡みを始め、実際にお会いさせていただくこともあります。

セミリタイアを達成された方、またはそう遠くない将来に達成されるであろう方。
同じ生き方を選んでいても、趣味や考え方、バックグランド、毛量などは様々。
当然のことです。

ただ、節約家&一定の資産がある以外に、もう1個共通点がありました。

1人が好き、少なくても1人でも全く苦じゃないってことです。

これまでの統計上、セミリタイア達成者(達成濃厚者含む)の1人大丈夫率は100%。
例外はありません。

ちなみに、1人旅の経験者は約50%とのこと。

2人に1人は一人旅経験者!!

人生で1回でも1人旅した人の割合が、50%。
確かに、職場で旅行した人の話しているのを聞くと、ほぼほぼ家族、友人、恋人等と行っていました。

そんな中、セミリタイアラーは1人旅がデフォルト。
少なくても、「1人旅って何が楽しいの?」的な話は1度も聞いたことがない。
世間の割合と全く違う比率があります。

考えてみれば当たり前で、セミリタイアは人生における壮大な1人旅。

一般的な生き方から外れ、1人で生活スタイルを模索していかないといけません。
たった2・3泊の1人旅が楽しめないようじゃ、セミリタイアが務まるはずがない。

おそらく統計上のサンプル数は取れていると思いますが、節約力、一定の資産に加えて、1人好き(最低でも大丈夫)は、最も重要なセミリタイア適性の1つと言えるでしょう。
Source: Time is money  キムのお金日記