ドキドキ 栞奈のその声に流美、また薄っすらと涙。
そして右手でそれを拭って、
「はは。」
そして麗亜を左腕で抱き抱える。

丈師、ニッコリと、
「ありがとう~~。」

そして杏美、体を思いっきり前に、
「理~沙――――――っ!!!」
理沙に向かって右手を高く振る。

その声に数名が振り向いて…。
理沙、杏美とみんなに右手を…。

弓狩、
「うんうん。みんな、元気だ。…と、瑞樹家…、ご両親…、今日は…???」

理沙、そんな弓狩に、舌をチロリと…。
「今日は、お客様で、もぅ…お酒が…。」

「かかかか。そうでしたか~~。うんうん。正月ですから…。」

小野倉、
「どぅ…???理沙さん。本格的、実業団の車椅子。」

その声に理沙、笑顔で、
「はい。凄い。なんだか感動~~。凄い、動けてる~~。」

邑、
「理沙さんも、頑張って~~。」

そんな邑にも理沙、
「はい。」

弓狩、将輝に、
「将輝、今日はありがとうな。おとうさん、車…。」

将輝、
「あっ、はい。本当は、朝から釣りに行く予定だったらしいんですけど…。」

「へぇ~~。釣~~。」
「えぇ。でも、監督から理沙さんへって言われて。逆に自分の方から、俺が行ってやるって。多分、理沙さんち…、正月で忙しいと思うからって。」

弓狩、顎に右手を…、そして数回頷いて…。
「そうですか~~。おとうさん、釣り~~。…で、釣った魚は…???」

将輝、少し首を傾げて、
「殆ど…、自分で…やってんのかな…???…台所、使ってますけど…。」

理沙、
「へっ…???おじさん、魚…、凄~~い~。」

邑も、
「ふふ。将輝君のおとうさん、凄いね~~。お魚、自分で釣って、自分で捌ける。さっすが。」

小野倉、
「菅田さん。凄い、ガタイ、良いですもんね。職業は…???」

将輝、
「消防士です。」

その声に小野倉、邑、
「あぁ~~。な~~る。」

そして…。選手たちが一旦集まる。

弓狩、
「さ~~て。」

小野倉、
「いよいよ。ですか~~。」

邑、理沙の両肩に両手を、
「ふふ。」

理沙、
「はい。」

三博と三宮の周りに集まって選手たち、一斉に、
「はいっ!!!」

そしてコートに整列。

邑、
「凄いね~~。」

観覧席でも、丈師、
「おっ。いよいよか。」

流美、
「うん。」

馨、唇を絞って。

杏美、
「ねね、どっち応援すんの…???」

栞奈、その声に、
「この…場合は~~。やっぱ、弓狩監督と、将輝君、理沙が招待されたチームでしょ。」
けれども栞奈、首を傾げて、
「…って言うか、チーム名…、何…???」
右目を歪めて…。

「エンブレムと…、ニューバード。理沙さんが招待されたチームが、エンブレム。」
黙ってコートを見ながら丈師。

流美、
「うん。そうだね。」

杏美、
「エンブレム…かぁ~~。…って言うか、なんだか、人、増えてきたみたい。」

栞奈も、
「うんうんうん。さっきから比べると…。」

そして、ホイッスル。

小野倉、
「お~~~。は~~じまった~~。」

その瞬間、理沙と将輝。そして観覧席のそれぞれが、
「早っ!!!」

車椅子が正に自分の脚みたいに…。

理沙、いきなり、
「凄~~っ。さっきとは全く動き~~。」

将輝も、
「あぁ…。凄ぇや。」

弓狩、
「これからがもっと、面白くなります。」

小野倉も、
「えぇ。」

開始から2分。両チームとも、シュートはするが、中々点には結びつかない。

理沙、
「あん。惜しい~~。」

将輝、
「リンクまでは届くけど…。」

弓狩、
「だからこそ、練習では殆ど、シュートは入れている。…けれど、事、ゲームとなると。ガードが固ければ固いほど…。」

小野倉、
「それだけ…、集中力。そして判断力と、技術。おし。」

瞬間、理沙、
「え――――――っ。あんな遠くから。」

将輝、
「俺たちのスリーポイント。が…。車椅子で…。どんだけの腕力」

理沙、
「早い、早~~い。」

そして、コート内で車椅子がぶつかり合いをする。けれども選手たちは一切動じない。

そんな光景を目の前で見ての理沙、
「凄い。車椅子、ぶつかっても…。」

小野倉、
「うんうん。そうだね~~。…でも、そうしないと、オフェンスもディフェンスも出来ない。…これが、車椅子バスケ。」
そして小野倉、
「そして、そんな状況を超えての、シュート。おし。そしてシュートが決まった時には、必ず選手同士で、タッチ。これですよね~~。」

理沙も邑も、
「なんだか小野倉さん、楽しそ。」

その声に、
「え~~???そりゃそうでしょ。何てったって、天皇杯の…。練習試合でも~。うん。気~合、入ってるぅ~~。」

そんな小野倉を見て理沙と邑も、
「はは。」

信じて…良かった。   vol.164.   栞奈のその声に流美、また薄っすらと涙。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋