土曜日、夫は空手の試験がある為、早朝から起きていた。
関節と喉が痛いからと、念の為コロナ検査をしたらなんと陽性。
嘘やろ‥と4回やったが、やはり陽性。
この試験の為に週4で練習してきたのに‥

黒帯の試験を受けるにはロンドンにある剛柔流空手の本部まで行かねばならない。
条件が揃い、出張費を生徒が出せばロンドンから先生が来てくださるが、カーライルの剛柔流は生徒数も少ない為に、前回来てくれたのは9年前。
今回は受験する生徒が8人以上いたから来てくれる事になった。

うちの夫は空手を始めてまだ2年半であるから、当然ながらまだまだ黒帯なんて先の先であるが、黒帯になる予定の人が今回は7人いたから、皆数カ月前からかなり神経質になっていた。

滅多に会うことも出来ない先生がロンドンから来るのを楽しみにしていたのに、まさかのタイミングで陽性反応。
黒帯以下は道場の先生が試験をしてくれるから、また機会があれば級が上がれば良いと願う。
しかし日に日に様態は悪くなり、かなり苦しそうである。

最近コロナのニュースさえ見なくなったし、私は職場でマスクを着用しているが、マスクなんて誰もやっていない。
もうコロナは消えたんじゃないかと思ってしまう、それほど遠い存在になっていた矢先に夫はなった。
苦しそうに話す姿を見ると、やはり感染したくない、させたくないと思ってしまう。
今年の里帰りを取りやめて良かったと思う。
来年こそは‥
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記